開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2021/04/19

デザイン思考は「切り札」か「たわごと」か? その“違和感”の正体

連載:大野隆司の「DX」への諫言

デザイン思考がビジネスの世界で耳目を集めるようになっている。イノベーションや「スジの良いDX」を目指すクライアントとのディスカッションなどでも、この5年くらいでデザイン思考という言葉が出てくることも増えてきた。インダストリアルデザイナーやアーキテクト(建築家)などのフレーバーを感じさせるデザイン思考は、ビジネスの現場で、ドアオープンさせることには成功し、システムベンダーの業界では、「切り札」たる新しい思考法として、大きな期待が寄せられている。一方で、デザイン業界からは「ブルシットだ」(これは、でたらめ、たわごとくらいの意味でよいだろう)という声も挙がっている。切り札なのか、ブルシットなのか?考えてみたい。

ジャパン・マネジメント・コンサルタンシー・グループ 合同会社 代表社員 大野 隆司

ジャパン・マネジメント・コンサルタンシー・グループ 合同会社 代表社員 大野 隆司

アクセンチュア、ヘッドストロング・ジャパン、ローランド・ベルガー、KPMG FASなどで33年余にわたり経営コンサルティングに従事。成長戦略の策定、新規事業の創出支援、それらの実現のためのオペレーション戦略の立案・設計など数多くのプロジェクトを手掛けている。近年はデジタルトランスフォーメーション(DX)、イノベーション創出、M&Aに関わる支援を中心にしている。

画像
デザイン思考への注目度が高まっている
(Photo/Getty Images)


ITやデジタル関係者にも大人気、背景にDXのスキル不足か

 もしかすると、デザインシンキングを乱暴な言葉で表現した、2018年のナターシャ・ジェン氏による講演を見聞きした方もいるかもしれない。

 デザイン事務所が手掛けた多くの素晴らしい、尊敬すべき仕事(イノベーションや変革を生み出したものもある)があることは認識しつつも、デザイン思考というメソッド・手法を用いることが、本当にそれらを可能にするのだろうか。

 情報サービス産業協会(JISA)による、所属企業の技術者への2020年度調査で、「今後システム・インテグレーションで利用すべき要素技術」としてデザイン思考が1位になった。

  2位以下には、クラウドデータ連係、テキストマイニング、データマイニング、IoTセンサーなど、いわゆる旬な技術がランクインしていることからも、デザイン思考への関心はかなり高いことが分かる。

 協会所属企業の多くはシステムベンダーだが、彼らはマーケティング上の最重要テーマとして、(能力的な可否はさておき)クライアント企業のDXの支援を打ち出していることから、デザイン思考をDX推進に生かしたいと考えているとみていいだろう。

  DXでは、「X」による新規事業の創出や新規顧客の開拓といった、なかなか手ごわいテーマと向き合う必要がある。これは基幹系システムの再構築や業務効率化など、要件が比較的はっきりとしている案件に比べ(現在もこれらが稼ぎ頭ではあるのだが)、彼ら・彼女らの経験値が少なく、スキルが不足している領域だ。

 「何から手を付ければいいのか」「何から考えればいいのか」「どう進めればいいのか」が分からないという不足を補う方法論として、デザイン思考への期待が感じられる。

 DXという言葉が本格的に広まり出した2020年ごろから「従来の業務効率化から、価値創出のためのシステムを提供」といったフレーズが、多くのベンダーのトップから発信されている。

 「その心意気や良し」ではある。

 良しではあるのだが、IT革命が言いはやされた20年前、さらにそれ以前も同じようなことを言っていたことを思い出す。デザイン思考には「今度こそ」という切り札としての期待を強く感じる。

画像
デザイン思考はDXの「切り札」となるのか?
(Photo/Getty Images)



デザイン思考を見る前に「そもそもデザインとは?」

 デザイン思考は「デザイナーの感性と手法をまとめたもの」であり、デザイナーの仕事のやり方を活用して、斬新な解決法を生み出すための方法論といったところだろう。

デザイン思考の源流は1960年代と考えられる。デザイン思考という言葉そのものが世に出たのは1980年代後半に出版されたPeter Rowe著のその名も『Design Thinking』だろう。

 「デザイン会社が、(今世紀にはいって)事業領域を広げるためのマーケティング手段だよ」といったシニカルな意見も聞かれるが、デザインという仕事の体系化や教育用のマテリアル化は、(多くの読者の)予想以上に長い歴史を持っているのも事実なのだ。

 今日の流行はIDEO社(2016年より博報堂の持ち分法対象会社である)によるところが大きい。彼らが2010年代に出版した『クリエイティブマインドセット』『デザイン思考が世界を変える』などが、デザイン思考という言葉を広めていくこととなった。

 デザイン思考の特徴を見る前に、「デザインとは?」を確認しておきたいが、著名なデザイン評論家、アリス・ローソーン氏によるものを用いたい。
  •  世の中におこるあらゆる変化-社会、政治、経済、科学、技術、文化、環境、その他-が、人々にとってマイナスではなくプラスに働くように翻訳する 『変革の主体』としての役割(アリス・ローソーン著『姿勢としてのデザイン』より)



 モノの形・模様、色など、いわゆる「意匠」と言われるものだけではなく、新しいカスタマーエクスペリエンスへの改造やイノベーションの創発なども、デザイナーが取り扱うテーマであるという考えだ。これらはサービスデザイン、ビジネスデザインなどと称されているものだ。

【次ページ】「デザイナーが用いるデザイン思考はDXの切り札になるか

イノベーション ジャンルのトピックス

イノベーション ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!