IT導入支援

会員限定

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

2017年11月27日

データ活用のアイデア9事例、なぜデータこそがこれからの競争を決めるのか

データを活用することによって、ビジネス環境の変化に迅速に対応する経営、すなわち「データ駆動型経営」が求められている。これは変化をチャンスに変える攻めの経営といっていいだろう。しかし、その意味を具体的にイメージできている企業の担当者はまだ少ないようだ。そこでデータ駆動型経営を実現する主要9分野でのデータ活用例を示すとともに、それを支える基盤構築の方法まで解説する。

photo

データ経営とは言われるが、何をすればよいのだろうか

(© wei – Fotolia)

データ駆動型経営が重要だと言われるが…

 これからは「データ駆動(ドリブン)型経営」の時代だと言われるようになって久しい。しかし、その正確な姿を捉えている人はまだ少ないようだ。

 「ビッグデータから宝の山を見つけよう」という漠然としたイメージが先行しているが、「具体的なイメージが描けない」、「自社のビジネスにどのようにデータを活用すればいいのか分からない」、「かつては絵空事だと思っていたことのうち、どれが現実的になっているのか把握できない」という疑問の声を多くの経営者やマネージャーから聞く。

 そこでまず、実際のデータ活用例を見ながら、データ駆動型経営のイメージを固めていきたい。

9つのビジネスデータ活用事例

 以下に、実際の事例に基づいて、ビジネスにおける典型的なデータ活用法を紹介していく。

この続きは会員限定です

関連リンク