開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/02/24

日本IBM、クラウドネイティブな開発に必要なソフトウェアを事前にセットアップし提供

日本アイ・ビー・エム

photo

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、IBM® Power SystemsサーバーにRed Hat OpenShiftをはじめとするクラウド・ネイティブなアプリケーション開発に必要なソフトウェア製品を事前にセットアップし、プライベートクラウドを数時間で展開するIBM Power Systems Private Cloud Rack Solution(以下、PPC Rack ソリューション)を本日より提供開始しました。また、従量課金による支払いモデルであるPower Private Cloud with Dynamic CapacityのLinux対応やIBM Power SystemsにおけるRed Hat機能の拡張もあわせて発表しました。

■ハイブリッドクラウド環境の迅速な構築と管理の簡素化

・The IBM Power Private Cloud Rack Solution-実稼働環境向けに最適化されたフル・スタック構成のPower Private Cloud Rack for Productionと、開発環境向けでシングル・サーバー・ソリューションのPower Private Cloud Rack Starter Deploymentの2つのソリューションを提供します。両ソリューションとも、IBM Power System S922サーバーにRed Hat® Enterprise Linux® 8やRed Hat OpenShift Container Platformを事前インストールしたRed Hat OpenShift環境を前提とし、後からIBM AIX、IBM i環境を追加することができます。

当ソリューションは、ハードウェアおよびソフトウェアを最適化した組み合わせでセットアップしているため、従来数週間かかっていた展開時間を数時間に短縮でき、プライベートクラウド環境を迅速かつ簡単に実装できます。

・Power Private Cloud with Dynamic Capacity-最小限でIBM Power Systemsの基本システムを構成し、基本容量を超えて使用した容量を分単位で従量課金するPower Private Cloud with Dynamic CapacityがIBM AIXとIBM iに加えてRed Hat® Enterprise Linux®とSUSE Linux Enterprise Serverのワークロードでも利用できるようになりました。クラウド管理コンソールにより仮想マシン(VM)およびシステム容量の使用状況をリアルタイムに計測でき、お客様はITコストをさらに最適化できるようになります。

プレスリリース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!