ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
194件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【種別】動画

  • NECネクサソリューションズは5社が合併して発足した会社のため、従来は複数のマネジメントスタイルが混在していた。これを一本化するプロジェクトの中で、顧客の課題や要求をフェーズごとに整理、そのフェーズでどのようなアクションをすべきかをまとめた「コアプロセスマップ」を作成していた。さらに、それをシステムに落とし込むツールとしてCRM/SFAの検討をスタート。プロモーションから営業まで一体管理し、営業効率を約3倍に引き上げた。本動画で...

  • プレコフーズは、肉、魚、野菜の生鮮三品をはじめとする、食に関わるさまざま事業を推進・開発している総合食品卸企業だ。社内の各部門がバラバラに顧客にアプローチするなど、情報共有に課題を抱えていた同社はCRM/SFAツールを導入。営業担当者の負荷軽減とマネージャによる案件進捗のリアルタイムの把握を実現し、西東京センター営業1課では前人未到となるチーム年間目標の2.2倍の新規顧客開拓に成功した。本動画では、その具体的な活用方法を確認でき...

  • 今後、企業が勝ち残るには、働き方改革を進め、生産性を向上することが不可欠だ。それには、商談件数の増加と規模の拡大、商談成約率の向上、商談期間の短縮が求められる。ソフトブレーンのCRM/SFAツール「eセールスマネージャーRemix Cloud」は、企業内に散在する情報を一元化し、見える化することで、それを支援する。直観的なインターフェイスとモバイルの使いやすさで使い勝手No.1の評価を得る同ツールは、同時に96%という驚異的な定着率も誇る。本...

  • 少子高齢化や女性の社会進出、ダイバーシティの尊重など社会の変化とともに、新しい働き方へのニーズが高まっています。中でも、育児や家事との両立や、通勤時間の節約による効率化、また理想のワークライフバランスの実現といった面から注目されるのが在宅勤務です。最近では、比較的効果の見えやすい職種や部署から、採用を始める企業も増えています。今回は、ある在宅勤務の女性の働き方を通して、理想の在宅勤務の形を動画でご紹介します。

  • 法人向けの福利厚生代行サービスをはじめ、インセンティブ、ヘルスケアなど8つの事業を展開するベネフィット・ワン。自社開発による営業支援システム(SFA)の仕組みを使用していた同社では、入力フォーマットのカスタマイズ、外部閲覧、数値集計などに課題を抱えていたためSFAを刷新。これにより、トップセールス上位4人のうち3人が入社1、2年目の若手が占めるなど若手営業が飛躍的に成長し、事業部全体としても前年比360%の受注件数アップにつながっ...

  • 本デモ動画は、トップダウンでおりてきた予算を本社経営企画が支社に割り振りを行い、その内容にしたがって支社と営業が予算を作成するというシナリオで、実際の予算策定を行う様子がわかる。

  • モバイル・デバイスのビジネス活用が加速する一方で、セキュリティーや運用管理など多くの課題への対応が求められている。本動画では、日本IBMが推進するBYODモバイル活用を事例として、セキュリティー・運用管理のポリシーや具体的な解決策、実現した成果について紹介する。(講演者:日本アイ・ビー・エム CIOサービスJapan・ITインフラ企画 横田 努 氏)

  • ゴルフ用品のインターネット販売やゴルフ場の予約サービス、ゴルフファン向けメディアの発行等、ゴルフに特化したビジネスを展開し、ゴルフ場予約では約10%、ゴルフ用品販売では約30%という驚くべきコンバージョン率を達成しているゴルフダイジェスト・オンライン(以下、GDO)。ここでは2011年から運用されていたオンプレミスシステムが、2017年2 〜 3月にかけてAWS(Amazon Web Services)へと全面移行された。それまで利用していたBIG-IP ASM/LTMを...

  • サイバーエージェントの主要ビジネスは、従来のブログなどのコミュニティサービスから、ネイティブゲームや動画などの動的なコンテンツ配信へと急速に変りつつある。そこで、パブリッククラウド並みの開発柔軟性と迅速性、さらにはオンプレミスに匹敵する強力な開発環境を同時に実現するプライベートクラウド環境の構築を決断。そのサービス流通の中核となるADCにVIPRIONのプラットフォームを採用、ロードバランサにファイアウォール(AFM)の機能を統合...

  • SSDは機械動作がなく、HDDより高速という特徴を持つ「HDDの互換製品」だ。しかし、アームによるデータの読み取りというHDDの挙動を模していることから、SSDも1時点では1転送しか行えず、パフォーマンスに限界がある。このような制約を取り払い、フラッシュ・メモリーの能力を最大限発揮するには専用の制御機構が求められる。本動画ではSSDとHDDの違いという基本から、フラッシュストレージのパフォーマンスを実現する仕組み、そして実際にどの程度のパフ...

  • オールフラッシュストレージ製品が出て、3年が経とうとしている。多くの企業で今、本番系でフラッシュシステムを採用する動きがみられるようになってきた。フラッシュを使うとパフォーマンスが向上するというのが初期のユーザーの認識だったが、実はコストの削減につながるという。フラッシュでコストを削減できるポイントは大きく2点。1点目は、リアルタイム圧縮でデータ量を削減できるからだ。もう1点はぜひ動画で確認していただきたい。

  • SSDは機械動作がなくHDDより高速という特徴を持つ「HDDの互換製品」だ。つまり、高速とはいえHDDと同じ挙動をとることから、可用性の観点で限界があるのも事実だ。例えば、SSDに入っている6つ〜8つのチップのうち1つでも壊れたら、他のチップが無事であってもHDDと同様に、全損扱いで交換しなくてはならない。また、SSDに入っているチップ単位でRAIDを組むこともできない。こうした課題をどう解決すればよいのだろうか。

  • 昨今、「働き方改革」「ワークスタイル変革」が進み、社員の働く場所はオフィス外も含めた形で多様化している。こうしたモバイルオフィス環境の中、コラボレーションを阻害しないセキュリティが求められている。本動画では、IBMや川崎汽船、三井物産エレクトロニクスの事例を見ながら、セキュアなモバイル活用に必要なポイントを解説する。

  • ここ数年で、業務アプリケーションの多様化、クラウドサービス利用の増加など、ビジネスでのICT活用が進んでいる。一方で社員の働き方も変わり、外出先からモバイル端末でアクセスしたり、自宅で働く環境も整備されつつある。便利になる一方で、セキュリティ面に不安を感じることはないだろうか? IDやパスワードが増え、守るべき対象範囲が広く分散している。さまざまなセキュリティ施策を打つものの、エンドユーザーの利便性とセキュリティとの両立に...

  • グローバル化の進展や、競争の激化、少子高齢化や労働力人口の減少など、経営を取り巻く環境は厳しさを増しています。そんな中、効率よく働くことで生産性を上げる取り組みとして、多様なワークスタイルを尊重する「働き方改革」に注目が集まっています。その中で、「モバイルワーク」とは、営業などの外勤の社員が、いつでもどこでも、オフィスと同様の業務を行うことで生産性を上げるワークスタイルです。今回はある営業マンの働き方を通して、理想の...

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料