ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
1000件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【種別】ホワイトペーパー

  • 中国電力では、2016年4月の電力自由化に伴って、IT インフラの信頼性をこれまで以上に高める仕組みが求められていた。中でも膨大な電力の検針データを扱う「メーターデータ管理システム(MDMS)」は、他社の事業にも大きく影響するため、決して止まることが許されない。そこで同社では、VMware のSDDC(Software-Defined Data Center)関連テクノロジーに注目。EMCの技術も活用して2つのデータセンターを仮想的な1つのデータセンターとしてシームレスに...

  • データを適切に共有・保管するため、ファイルサーバは有効な選択肢であり、多くの企業が利用していることだろう。特にNASを利用すると、汎用サーバと違い、クライアント数に応じたコストもかからないため、コスト抑制にも有効となる。だが、一口にNAS製品といっても、さまざまなものが出回っており、何を基準に選ぶべきかわからないことも多い。特に陥りがちなのが、コストだけで選ぶケースだろう。本資料では、NAS製品選びに失敗しないための4つのチェ...

  • 世界各国に商品を提供する味の素グループでは、各グループ企業がそれぞれの国と地域のニーズに独自に応えられることを重視している。そのためには、画一的なサービスを提供するのではなく、柔軟性および価格優位性の高いインフラサービスを提供することが重要と捉えている。その基盤を構築するため、2007年ごろからVMwareによるサーバー仮想化を図り、高い効果を上げてきた。さらに2015年の更改では、VMware NSXを導入して仮想化をネットワークまで広げ...

  • 日本貨物鉄道(JR貨物)の鉄道コンテナ輸送の総合管理システム「FRENS(フレンズ)」は、次期システムの構築にあたり「現状の2倍の処理性能」「変化に応じた柔軟な機能拡張」の実現が求められた。しかしながら、従来から使用してきた国産メインフレームの更新では、性能面で制約があり、費用も高額となることは明らかだった。本資料では、大幅なコスト削減を実現しつつ、今後10年使用できる新システムを構築した同社の取り組みの詳細を紹介する。

  • コミュニケーションの基本は、フェイスtoフェイス。しかし、コミュニケーション先が世界中へと広がり、使用用途が多様化する現在、同じ場所に集まって コミュニケーションをとることは、困難になりつつある。一方で、コミュニケーション・ロスが発生してしまっては、スピード感のあるビジネスを進めることはできない。こうした中で求められるのが、より臨場感の高い高精細な映像やリアルな音声だ。「いつでも、どこでも、誰とでも」を真の意味で実現す...

  • PTCの「ThingWorx 8」は、IoTからのビックデータの収集/解析と、拡張現実(AR)を1つの基盤で実現する世界No.1のIoTプラットフォームである。すでに700社以上の企業に導入され、さまざまな分野で活用されている。たとえば、日立製作所はガンの治療に使われる陽子線治療システムの運用監視、エアバスは航空機の製造工程の改善、DHLは都市における電気自動車配送サービスに同ソリューションを導入・活用している。本資料では、こうした国内/海外の10社の注...

  • ブラザー工業には「ブラザー・バリュー・チェーン・マネジメント(BVCM)」と呼ばれる独自のマネジメントシステムがある。製品の企画・開発から設計、製造・販売・サービスをシームレスにつなぎ、現在および未来の「お客さまの声」に答え続けていくというコンセプトだ。このBVCMをPLMによって進化させている。従来からあったBVCMだが、業務間/部門間の連携に人が介在していたために、一気に高速化することはできなかったという。本資料ではブラザーの課...

  • SBIリクイディティ・マーケットは、SBIグループにおける外国為替事業を統括している。同社は2008年の設立以来、右肩上がりの成長を続け、その売買金額は2016年に、都協証券取引所第一部の売買金額を上回る684兆円に達した。しかし、2016年は英国のEU離脱や米国大統領選など、世界規模で不確実性が高まり、FX取引への影響も大きかった。にもかかわらず、同社のFX取引システムは揺らぐことはなかった。リスクを見極めながらシステム全体を強化し、予測不可...

  • リクルートグループ各社に対して競合優位性の高いIT・ネットマーケティング基盤を開拓し、ビジネス実装する役割を担っているのが、リクルートテクノロジーズだ。リクルート各社のサービスを支えるITインフラの提供もおこなっている同社では、事業要望を受けてからサービスインまでのプロセスを迅速化するため、プライベートクラウドでのネットワーク仮想化を推進。ロードバランサ等の機能提供はBIG-IP VEを活用している。またハードウェアのBIG-IPも併 ...

  • 大手金融投資情報サイト「みんなの株」で取引ツール第1位に選出された岡三オンライン証券株式会社。競争の激しいネット証券業界において持続的に収益を伸ばすためには、「ロイヤルカスタマー」増加が鍵だという。既存顧客の利用を活性化させ、「ロイヤルカスタマー」を理解する。さらに新規顧客施策においても、単純な広告投資のみならず「ロイヤルカスタマー」になってくれる顧客に注力する。本資料では、マーケティングの革新のために、データ統合型マ...

  • SBIグループにおける外国為替事業を統括するSBIリクイディティ・マーケット。同社は2008年の設立以来、右肩上がりで成長を続け、2016年におけるFX売買金額は684兆円に達した。同社は顧客からのアクセスを受けるクライアント系システムを刷新。24時間無停止でFX取引サービスを提供し、1日1億件以上のトランザクションをリアルタイムで処理するシステムとして、コンポーザブル・インフラ製品「HPE Synergy」を選択した。わずか30秒で物理サーバの役割を自...

  • スバルの運転支援システム「アイサイト」は、2つのカメラで立体を認識するステレオカメラという技術で実用化されている。そのため、その開発には大容量映像データが必要とされるとともに、開発拠点がある群馬、東京の双方からすばやく検索し、数秒単位で転送する必要があった。そこで求められたのが、実験映像データのシステムによる管理だ。本資料では、アイサイトの開発はどんな体制で進められ、どんな課題があったのか、そしてその課題を解決するため...

  • コンタクトレンズ、メガネ、補聴器の販売事業を行う銀座メガネ。同社では発売される商品数が急増し、従来の研修やメールでは、最新の製品情報をリアルタイムにスタッフへ伝えることが困難になっていた。そこで、同社はiPadの活用に乗り出す。本資料では、同社およびネッツトヨタ富山、ベネトンジャパンが実践した接客力強化方法を紹介する。

  • IoTソリューションや産業用組込PCソリューションを提供する三井物産エレクトロニクスは、営業担当者が使っていた携帯電話をiPhoneに切り替えた際、デバイスのセキュアな管理と使い勝手の向上を図るためにモバイル管理ソリューション「IBM MaaS360」を導入した。現在は、営業担当者の他に、iPadを利用する管理職も含めた約100ユーザーがIBM MaaS360を利用している。その結果、ユーザーはメール、グループウェア、ファイルサーバーに安全にアクセスできる...

  • 海外への事業展開や海外顧客に対するサービス品質の向上は、日本企業の成長に必要不可欠な要素だ。これを実現するためには、全世界の幅広いユーザーへリーチでき、直接的にコンタクトが取れる「Webサイト」が重要な役割を担う。しかし、Webサイトの運営者は「海外から日本のWebサイトへのアクセスが遅くて耐えられない」、「海外に点在するWebサイトの統制が取れない」「サイバー攻撃への対応が難しい」といったさまざま問題を抱えている。Webサイトの運...

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料