ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
120件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】基幹系

  • データを適切に共有・保管するため、ファイルサーバは有効な選択肢であり、多くの企業が利用していることだろう。特にNASを利用すると、汎用サーバと違い、クライアント数に応じたコストもかからないため、コスト抑制にも有効となる。だが、一口にNAS製品といっても、さまざまなものが出回っており、何を基準に選ぶべきかわからないことも多い。特に陥りがちなのが、コストだけで選ぶケースだろう。本資料では、NAS製品選びに失敗しないための4つのチェ...

  • クラウドやシェアリングエコノミーの領域では、いま新しいビジネスが次々と誕生しつつある。こうした新規ビジネスの創出には、大企業からスタートアップまで、多様な企業が参画している。ただ、同じ取り組みでも、大企業が撤退する一方で、スタートアップ企業が事業化に成功する傾向があるようだ。そこには、大企業が抱える構造的な問題があるのではないか。新規事業立ち上げで、大企業がスタートアップに勝てない理由を説明しよう。

  • 日本貨物鉄道(JR貨物)の鉄道コンテナ輸送の総合管理システム「FRENS(フレンズ)」は、次期システムの構築にあたり「現状の2倍の処理性能」「変化に応じた柔軟な機能拡張」の実現が求められた。しかしながら、従来から使用してきた国産メインフレームの更新では、性能面で制約があり、費用も高額となることは明らかだった。本資料では、大幅なコスト削減を実現しつつ、今後10年使用できる新システムを構築した同社の取り組みの詳細を紹介する。

  • いまや、製造業におけるIoTは、企業にとっての重要な戦略となった。しかし、さまざまなソースから取得される膨大なIoTデータ、しかも正規化されていない生データに近いIoTデータを効率的に管理・活用する手法は、いまだ確立しているとは言い難い。はたして、企業はどういう考え方でIoTデータに向き合えばよいのだろうか。2005年にIT部長としてホンダ全体のIT戦略・運営を担当し、現在はオフィス有吉の代表をつとめる有吉和幸 氏、そして日本アイ・ビー・...

  • 業務効率化による生産性向上、そしてその先にある「働き方改革」は、多くの企業にとって喫緊の課題となっている。効率化のカギはITによる「電子化」や「標準化」にあるが、多くの業務がIT化される中、経理業務、とくに請求書の業務は依然として紙に依存する企業が多いのも事実だ。請求業務に要するコストや手間はどれくらいあり、請求業務のIT化を阻む課題はどこにあるのか。業務効率化のネックとその解決策について探った。

  • 「データレイク」という言葉が急速に広まっているが、その定義はあいまいだ。データを貯めておくだけでいいという見解もあるが本当にそれで役に立つのか?データ形式は何でもいいというがどのような技術でそれが可能になるのか?そもそもDWH(データウェアハウス)と何が違うのかなど疑問は尽きない。本稿では、ビジネスに直結するデータレイクの構築方法を解説する。

  • 稟議書や経費精算書などを電子化し、あらかじめ決められたルートにしたがって配信し、決済処理などを行うのがワークフローシステムだ。多くの企業では、当たり前のシステムとして導入・活用されているが、いまだに一部を紙でやりとりしている企業も少なくない。また、導入されていても、「社内に戻らなければならない」「担当者が変わったのでいちいち設定を変えなければならない」といった“機能不全”を起こしているケースもある。ここでは、ワークフ...

  • 複数の企業が一つの集団を形成し、グループとして経営を行う目的には、各企業がそれぞれ独自の強みを発揮しながら、グループ全体の価値を最大化することにある。一方で、昨今はガバナンス不足が原因とみられる不適切会計や各種不正問題など企業グループの根幹を揺るがす問題が顕在化している。グループ経営には明確な指針とそれを支える仕組みを持つことが重要になってきている。そこでここでは、グループ経営の基本とグループ間のシナジーを最大化させ...

  • 2020年に向けて、あらゆる業界で人材不足問題が本格化している。中でも建設・住設業界は深刻で、人手不足に伴う人件費増に加えて、原材料高などが追い打ちをかけている状況だ。とはいえ、仕事を一から見直す余裕はなく、もしそれができたとしても日本の「現場力」が失われ、現状の品質を維持できないようであれば元も子もない。こうした課題を解決するヒントになるのが、現場を知り抜いた「業務特化型IT」の存在だ。

  • アマゾンの巨大ECサービスを支える基盤として誕生し、常に進化を続けるアマゾン ウェブ サービス(AWS)。現在では世界190カ国、数100万を超える企業が活用し、業種や企業規模を問わず、日本企業にとっても欠かせないITプラットフォームとなってきた。AWSの持つスピード、堅牢性、安全性といったメリットを最大限発揮し、新規事業やスタートアップでの活用に加えて、従来はオンプレが当たり前だった基幹システムでさえ「クラウドシフト」が本格化してい...

  • 創業20年、中堅企業の名総で大事件が起きた。グループ子会社の小総で役員の使い込みが発覚したのだ。これには名総の名波社長も大激怒。あらゆる方向からこうした事態が二度と起きないよう対策を講じることとなった。情報システム部門の部長、仁科も呼び出され、グループ企業間の資金の流れを把握するシステム作りを命じられた。ただし「ピンチこそチャンス!」の経営哲学を持つ名波は「損失を出さないためだけの投資は意味がない! 同時に業務改善や売上...

  • デジタル変革の目的は単なるコスト削減ではなく、価値創造にある。「Internet of Things(IoT)」というキーワードが浸透したことで、多くの企業はアナログ資産をデジタル化して価値創造につなげていく必要性を強く認識し始めた。しかし、これを実現するためにはさまざまな課題がある。日本の製造業がデジタル変革を実現するために何をすべきか。東京大学 先端科学技術研究センター 教授 の森川博之 氏に話を伺った。

  • 稟議申請などによって、意思決定を円滑化し、業務を効率的に遂行したりするためのワークフローシステム。交通費精算をはじめ、すべての従業員が利用する経費精算システム。いずれも多くの企業が利用するシステムだが「とりあえず利用できればよい」と考えている企業も少なくないのが現状だろう。しかし、こうした状況に甘んじているとさまざまな弊害が生じることになる。そこから脱却するには何が必要なのか。また、これらのシステムを導入するときに考...

  • センサーやネットワーク技術がよりコモディティ化し、あらゆるモノから得られた膨大なデータを自社ビジネスの新たな価値創造に活用する動きが広がってきた。一方で、ビッグデータ活用にはインフラ面の基盤整備と、「それを支える『組織』『人』の整備を並行して進める必要がある」と語るのは、立教大学の佐々木 宏教授だ。産学連携の取り組みなどを通じ、全国でも珍しい「文系人材のデータサイエンティストの育成」に取り組む佐々木氏に、企業がどのよう...

  • ビッグデータ活用の必要性は感じていても、一体何から手を付けて良いのかわからないという企業は多い。とある生活雑貨メーカーのA社も、同じ悩みを抱えていた。経営層からの指示を受けた同社の新規事業推進部は、とりあえず各部署が抱えるデータ活用の課題をヒアリングするところから始めるのだが…。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料