ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
16件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】IT戦略>AI・人工知能・機械学習

  • 従来のビジネスモデルを破壊する「ディスラプター(破壊者)」が台頭している。彼らは斬新で豊かな発想と企画力、迅速な行動力を持ち、人工知能(AI)やブロックチェーン、IoTといった先進テクノロジーを駆使しながら既存の産業構造に風穴を空けている。これから企業が生き残るには、先進テクノロジーを活用するすべを彼らから学ぶ必要がある。早稲田大学ファイナンス総合研究所 顧問で一橋大学名誉教授の野口 悠紀雄氏、SOMPOホールディングス 常務執行...

  • 出店戦略や店内の品揃えなど「データ活用」の先駆者であるコンビニ業界も、IoTやAIを活用し、新たな価値を創造しようと取り組んでいる。専用の買い物かごと専用レジにより、自動的に精算、袋詰めまで行ってくれる「レジロボ」の実証実験で注目を集めるローソン。同社はテクノロジーをどのように経営に活用し、「データドリブン」な経営を行っていくのか。同社が掲げる「次世代コンビニ」の姿について、同社 執行役員 オープン・イノベーションセンター長...

  • 人工知能(AI)は、いまあらゆる分野で革新を起こそうとしている。2045年に起きるとされるAIが人間の能力を超えるシンギュラリティを待つまでもなく、2017年の現在も、AIによる変革は静かにかつ確実に進行している。小売業界も例外ではない。EC台頭、人手不足、消費市場減少と「三重苦」に悩む小売業界も、AI、中でもディープラーニングにより、従来とはまったく異なる方法で業界のルールや常識を変える動きが広がりを見せている。その担い手は、人工知...

  • 企業パフォーマンス向上のために「勘と経験と度胸」から「データドリブン経営」へのシフトが求められているのはご存じのとおり。しかし、サイロ化したシステムや非構造化データを含む膨大なデータを前にして、行き詰まりを感じる企業が多いのも事実だろう。従来のデータウェアハウス(DWH)のアプローチとは異なる、トライ&エラーの考え方に沿ったスピーディかつフレキシブルなデータ活用基盤を整備し、企業パフォーマンスを高めていくために必要なポイ...

  • 「第3次AIブームの到来」が叫ばれる中、技術的な面ではまだまだ成長過程といえるものの、ビジネスの場においては、AIは本格的な活用フェーズに入ったといえる。ビジネスの場においてはAIを掲げた製品やサービスが多く世に出ており、AIはどんな未来を切り拓いていくのか。マイクロソフトからLINEに電撃移籍した砂金氏ら、AIの先端的な取り組みを行うスタートアップ企業のキーパーソンが集結、その取り組みを通じ、AIのビジネス展開を考える企業経営者にメ...

  • 現在のモバイル情勢は、数年前と大きく異なる。毎月790万ものモバイル・アプリケーションがダウンロードされ、毎分387個もの新たなマルウェア脅威が特定される中、企業の情報管理部門は、最新の脅威を把握し、スピーディかつ的確に意思決定することが求められている。しかし実際には、ほとんどの情報管理部門は、膨大な情報に振り回されているのが現実だ。IBM MaaS360 with Watsonは、IBM Watsonのテクノロジーを活用し、各企業ごとに最適化された情報や...

  • 現在の企業では、ノートPC、デスクトップPC、タブレット、スマートフォンなど多様なデバイスが活用される。 さらに、Windows、iOS、Androidなどプラットフォームも多様で、同じWindowでも異なるバージョンが混在するなどエンドポイントの環境は混とんとしている。こうした複雑化するエンドポイント環境を統合的に管理するのが統合エンドポイント管理(UEM)だ。 IBM MaaS360 with Watsonは、IBM Watsonのテクノロジーを活用し、さまざまな要素が混在する...

  • 製造現場などからセンサーを通じてデータを取り込み、分析した結果を製造現場などにフィードバックする「スマート・ファクトリー」構築が進んでいる。これに対応し三菱電機は、クラウド・IoT時代に対応したオープンプラットフォーム構築プロジェクトを進めつつ、AIを活用した予知保全を視野に入れている。IBM Watson Summit 2017に登壇した同社 FAシステム事業本部 オープンプラットフォーム リードアーキテクト 博士(工学) 楠 和浩氏は、日本アイ・ビー...

  • イオンリテールが手がける20代前半の女性をターゲットにしたファッションブランド「MUDILAF」。同ブランドが入る渋谷109はファッション感度が高い顧客が多く来る商業施設だ。そのため、ここでの動きが半年後・一年後に郊外のモールへと波及していくのだという。そこで、この店舗を科学することで事業計画や商品計画に活かせるのではと考え、オープンとともに人工知能を活用した店舗解析プラットフォームを導入。その結果、入店率も大幅アップ、会員数の...

  • ABEJA Platform for Retailは、勘と経験から脱却し、小売経営を科学するためのソリューションだ。本資料では、ディープラーニングを活用した画像解析エンジンやデータの統合・解析が可能な同ソリューションがいかなるものかを解説する。

  • メガネ小売店のビジョンメガネでは、商品を購入する際に顧客のカルテ情報を作成していた。そのため、購入した顧客についての情報は把握することができていた。一方で、店頭に立ち寄ってくれたにも関わらず、購入に至らなかった潜在顧客については知る術がなく、現場のスタッフの感覚に頼るほかなかったという。こうした潜在顧客をどうあぶり出したのか。同社の取り組みを紹介する。

  • 団塊世代の本格的リタイアが近づく中、人材確保と採用精度の向上はどの企業でも喫緊の課題だ。ところが、人間が行う採用活動では、ミスマッチもロジカルに減らしづらい。ここで、人工知能(AI)と会話しながら人材マッチングを行うシステムを真剣に模索し、具体的なシステムを開発し、さらに年内に公開まで予定している企業がある。AIを活用して「自社に合う人」を提案するシステムの仕組みと開発の背景に迫った。

  • ネッツトヨタ富山は、富山県を中心に8店舗を展開するトヨタ車の自動車ディーラーだ。自動車は買い替えまでの期間が長く、長期に渡って顧客との関係性を維持し続けることが重要となる。そのため、地域社会への貢献を非常に重視しており、地域のコミュニティスペースとなるような場作りを図っている。こうしたイベントにはさまざまな来場者が来るが、どのような年代・性別の人がいるのか、定量的に知りたいと考えたという。

  • 「コンタクトセンターに電話がつながらない」──こうした課題1つを取っても、コンタクトセンターの目的や状況によって、取るべき対策は異なってくる。カスタマーエクスペリエンス(CX)向上には、自社の狙いを明確にして、コールの量と質をしっかりマネジメントすることが重要だ。加えて、クラウド化やオムニチャネル化への対応など、コンタクトセンターはいま変革の時期を迎えている。こうした新潮流の中、求められるコンタクトセンターシステム・サー...

  • テクノロジーの進化によって、コラボレーションのあり方が猛スピードで変化している。中でも大きな変化をもたらすものとして注目を集めているのが「コグニティブ」だ。従来、企業内に蓄積されていながら、有効活用できなかった「ダークデータ」を、コグニティブが価値あるものに変えることで、まったく新しい情報共有や価値創造が可能になった。人々が、より「自分らしい」働き方をするために、企業やIT部門には何ができるのか。その最新動向を見ていこ...

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料