開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/09/28開催

ランサムウェア感染を未然に防ぐことはできないのか?

Tenableで解決するActive Directoryセキュリティ、脆弱性管理の課題

概要


■本セミナーはWebセミナーです
ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

■高度化するランサムウェアの攻撃、甚大な被害リスク
リモートワークの普及、クラウドサービス利用拡大に伴い、ランサムウェアの攻撃が増加・高度化しています。実際に、2020年にはホンダ自動車がランサムウェアに攻撃され、世界に30箇所ある工場のうちの約3割が停止する事態に発展。カプコン社では身代金要求と個人情報の流出が発生しています。
IPAが発表した「情報セキュリティ10大脅威 2021」では「ランサムウェアによる被害」が1位という結果になりました。2021年4月にはNISC(内閣サイバーセキュリティセンター)が「ランサムウエアによるサイバー攻撃に関する注意喚起について」という文書を公表し、日本国内での危機感が高まっています。

■ランサムウェアでADが狙われやすい背景
ランサムウェアが侵入した後には、Active Directory(AD)が狙われやすいと言われています。ドメインの複雑化が進み、構成上の欠陥が増加する現在、多くの企業は Active Directory のセキュリティ対策まで手が回らないのが実情です。管理者権限を奪えばサーバーにアクセスできてしまうこと、社内ネットワークなのでセキュアな環境にあると安心されがちでADはセキュリティが甘いこと、情シス内にもADセキュリティの専任やスペシャリストが不在であることも、理由に挙げられます。その結果、セキュリティ部門は欠陥の早期検知や修正ができず、事業に影響を与えるような問題につながることがあります。

■ADセキュリティの課題
ADのセキュリティ対策には以下のようなものがあります。

・セキュリティの堅牢化
・攻撃経路、攻撃の検出
・モニタリング
 ー変更の監視 
 ー長期履歴のレポート
 ーコンプライアンスレポートの作成

上記のモニタリングソリューションに一般的に欠けているのは、「ADのセキュリティ環境を攻撃者の目線で見る」という観点です。攻撃者は目立たず、追跡されないように攻撃を仕掛けます。そのため、攻撃を受ける前から検知・修正を行う「先行型のアプローチ」が必要になってきます。

■ランサムウェア感染を未然に防ぐ「先行型アプローチ」を行うには?
AD には、攻撃者が悪用可能な設定ミスが必ず存在します。したがってセキュリティ上の欠陥を見つけて修正することは、被害の未然防止・攻撃経路の排除対策の中で、最も重要になります。

今回のセミナーでは、ランサムウェア被害の未然防止をテーマに、Active Directoryセキュリティと脆弱性管理の課題および対策を解説いたします。ADへの攻撃を検知・予防ソリューション「Tenable.ad」、脆弱性の特定・調査・優先付けを行う「Tenable.io」の機能・特長と導入事例の紹介、製品デモを行います。

・こんな方におすすめ
・ランサムウェアの対策をしないといけないが後回しになっており、感染したらまずいと感じている
・ADセキュリティの対策がわからない、どこまで対策すべきか不安
・脆弱性管理に課題感があるが、検知や予防ができていない

■プログラム 
・15:45~16:00 受付

・16:00~16:05 オープニング(マジセミ)

・16:05~16:20 脆弱性管理の現状と課題(アシスト)
・脆弱性管理の現状とよくある課題
・Tenable.ioの有用性

・16:20~16:55 ランサムウェア被害を未然に防ぐには?Tenable.adで実現するADセキュリティ(Tenable)
・ランサムウェアの脅威と最新状況
・ADセキュリティの課題
・サイバー攻撃における事前対策と事後対策
・Tenable.ad製品紹介、デモ

・16:55~17:00 質疑応答

開催日

2021/09/28 (火) 16:00〜17:00

エリア

オンライン

主催

アシスト

共催

Tenable

定員

50名

種別

無料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!