開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/10/22開催

地域包括ケア実践セミナー

共生社会を見据えた社会資源の有効活用

概要

これまでの当社主催セミナーでは、有識者の先生を中心に最先端の取組をご紹介させていただいてきました。
大変盛況ではありましたが、「もっと他自治体の事例を知りたい。」「集合研修のときのような他自治体と関係性を築きたい」というご意見も多数頂戴しました。
コロナ禍による各地域の状況で、取組状況の格差が広がった生活支援体制整備事業。
そんな中でも、介護予防に関しては保健事業との一体的実施、共生社会における重層的支援と更なる広がりが期待されています。
間もなく高齢者のワクチン接種が一段落し、これらの事業の加速化が期待される今、本セミナーでは、今一度現状の取組状況について確認するために、愛知県西尾市様の事例紹介と参加自治体様同士の意見交換の場を設けます。

【プログラム】
第1部「生活支援体制整備事業におけるインフォーマル資源の活用」
事例紹介
講演者:愛知県 西尾市役所 健康福祉部長寿課 地域支援事業担当 杉浦 弘樹 様
内容:どのようにしてインフォーマルサービスを住民に知ってもらうか?どのようにしてケアマネや医療介護関係者などの専門職へ活用を求めていくか?
これらを考え、西尾市様が実施された施策についての事例をご紹介いただきます。

第2部 グループディスカッション
~コロナ禍における生活支援体制整備事業の現状と課題~

内 容:「ようやく2層SCを配置したところで事業が中断してしまった」「再開を検討しているが、感染対策を行う上で何に注意すべきかがわからない」など、コロナ禍において、自治体様ごとの状況は様々です。
このグループディスカッションが今後の事業展開のヒントとなることを期待します。

開催日

2021/10/22 (金) 15:00〜17:00

エリア

オンライン

主催

トーテックアメニティ

定員

100名

種別

無料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!