開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/09/28開催

東南アジア金融機関におけるデジタル最前線

概要

【セミナー概要】
東南アジアで何が起こっているのか。日本経済新聞でもGrabやGojekといったユニコーンスタートアップ企業の名前が躍る中、社会インフラの一つである金融業界にもDXの波が押し寄せている。その中で保険という金融商品が、柔軟に形を変え、サービスの一部としてあらゆるコト消費に融合している、日本という成熟した社会ではなく、まだまだ発展途上の国も多く、規制も十分といえない地に、最新のデジタル技術が導入されていくと何が起こるのか。東南アジアにおけるリープフロッグの現状と日本市場への示唆を分かりやすく示す。

【対象】
保険会社、銀行、カード会社ふくむ金融機関にお勤めの商品開発部門、
調査部門、デジタル部門、システム部門、
ITベンダーなど「デジタルトランスフォーメーション」のトレンドを学びたい方

【セミナー詳細】
1.東南アジア 金融業界におけるDXの歩み
(1)東南アジアは金融リープフロッグ
(2)溢れるデータ・追いつかない規制・オープンな国民性
(3)デジタル先進企業の取組(Fintech・Insurtech)
(4)変わる大企業(伝統的企業との分岐点)
(5)SaaS企業と大企業の融合
(6)エコシステムの重要性

2.東南アジアの保険DX
(1)伝統的保険会社とInsurtech
(2)Digital Insuranceの台頭
(3)銀行窓販の重要性(バンカシュアランス)
(4)デジタル時代の保険の在り方(MaaS・スマートシティ)

3.東南アジアの金融DX
(1)DBSに見るDXの本質
(2)東南アジアのデジタルバンクとは(他国との比較)
(3)ノンバンクの金融DX(決済・バーチャルクレジットカードなど)

4.日本市場への示唆
(1)日本における現状(規制・レガシー・国民性など)
(2)海外企業の日本進出作戦
 (a)事例[1]:Uber
 (b)事例[2]:GreaterThan
 (c)事例[3]:TransferWise
(3)日本企業への示唆

5.質疑応答

◆企画担当(横山)からのおすすめポイント◆
・ 発展を遂げる東南アジア事例から金融DXについて詳しく学ぶ
・ 国内金融機関、大手コンサル会社で経験を積んだ講師陣が日本企業の今後を示唆

【補足事項】
※個人の方ならびに、業種・業務内容等により参加をご遠慮いただく場合がございますので、ご了承ください。
※ 講義中の録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。会場受講の場合はPCはお使いいただけません。

※開催1営業日前の13時にメールで視聴URLとPDF資料のご案内をお送りします。
12時以降にお申し込みの場合は視聴に関するご案内の配信にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
※ご使用PC、ネットワークにかかるセキュリティ制限がある場合、事前に社内ご担当部署等にご確認をお願いします。
※アーカイブ配信期間は開催2営業日後13時から5営業日後の13時まで(土日祝除く)となります。配信期間内でしたら、お好きな時間に繰り返しご視聴が可能です。

開催日

2021/09/28 (火) 13:30〜16:30

エリア

オンライン

会場

主催

セミナーインフォ

種別

有料セミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!