開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/08/06開催

【点検・保守業務DXの第一歩】現場で使える!AIチャットボット・情報連携アプリ活用セミナー

作業現場での情報活用・情報連携を飛躍的に向上!

概要

ウェアラブル端末の活用など、先進的な技術・取組が話題となっている昨今ですが、点検・保守業務においては、未だ統制側と作業現場の情報活用等の基本的な部分で多くの課題が残っているのが実情です。

本セミナーでは、「対話型自動応答AIサービス CAIWA」「kintone」を使って、作業現場から欲しい情報にすぐにアクセスし、現場からの報告業務をその場で確認可能とする環境構築のポイントについて紹介します。

また、実際の利用シーンについて、デモンストレーションを交えて、分かりやすくお見せします。

働き方改革対応や従業員満足の向上に向け、現場業務の効率化を図りたいと考えているが、どこから手を付けて良いかわからない、もっと効率化を推進できるところがあると感じているお客さまは必見です!

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■対象者
・点検・保守や修繕業務をビジネスとして運営されているお客さま
・デジタルトランスフォーメーション(DX)に関心のあるお客さま
・現場の見える化を検討されているお客さま
・働き方改革やDXを推進する担当者さま

■本セミナーの受講形態
 本セミナーは、オンデマンド配信です。
 開催日の11時~15時の間であれば、3セッションをすべてご自由にご覧いただくことが可能です。

■参加費:無料(事前登録制)

■定員:20名

■プログラム
 「1.点検・保守作業における情報活用の課題」
 本セミナーで提案させていただく、点検・保守作業におけるお客さまのお悩み・課題の事例について説明します。

 「2.欲しい情報に現場からすぐにアクセスできるAIチャットボットの活用」
 チャットボット選択のポイントと、対話型自動応答AIサービス CAIWAの特長を紹介します。
 また、日立システムズの保守作業における導入事例をベースとした活用方法と効果について、わかりやすく解説します。

 「3.報告作業や進捗共有を効率化するkintoneアプリの活用」
 点検・保守作業の現場と管理者の情報連携プラットフォームとしてkintoneが最適な理由と、kintoneの特徴を説明します。
 また、導入事例を用いてその活用方法と効果について解説します。

 ※プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

■備考
 ・定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
 ・Sier、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

開催日

2021/08/06 (金) 11:00〜15:00

エリア

オンライン

主催

日立システムズ

協賛

イクシーズラボ

定員

20名

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!