開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/09/10開催

屋根上太陽光とEVを活用したSolarEV City構想

概要

■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

【講師】
国立研究開発法人 国立環境研究所 
地球システム領域 特別研究員
小端 拓郎(こばし たくろう) 氏

【重点講義内容】
SolarEV City構想は、屋根上太陽光発電と電気自動車を蓄電池として用いることで経済性の高い都市の脱炭素化を実現するものである。また、PVとEVを組み合わせた分散型電源として災害時にも電力供給が可能となる。我々の試算によると、都市の屋根面積の70%を使用することで地方都市(岡山市など)の場合、EVを含む年間消費電力の2倍近く発電することが可能で、電力需給の同時同量を考慮しても95%程度の電力を供給できる。国土の狭い日本にとって屋根上PVを活用したSolarEV City構想は「2050年実質ゼロ排出」実現に欠かせない。

1.ネットゼロ2050へ向けた取り組み

2.都市の脱炭素化

3.屋根上太陽光

4.EV

5.電化

6.SolarEV City構想

7.質疑応答

開催日

2021/09/10 (金) 13:00〜15:00

エリア

オンライン

主催

原総合知的通信システム基金

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!