開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/08/02開催

【スペシャルセッション】「タレントマネジメント大全」

成長機会創出、失敗の許容、属人化の撤廃、組織・意識改革、健康経営、人材育成

概要

【特別ゲスト】

〇特別講演①
「失敗を楽しむ脳
~ 人材と自己の育成を脳から考える ~
東京大学 薬学部 教授 池谷 裕二氏

〇特別講演②
「多様な個が活きる」
- “人事”を“人自”と考えるZOZOの組織経営 -
ZOZO 執行役員 清水 俊明氏

〇特別講演③
「変わらないために変わり続けること。動的平衡の視点から見るタレントマネジメント」
~ 自ら壊すことで進化する。生命の仕組みに学ぶ、組織変革 ~
生物学者 青山学院大学 教授 米国ロックフェラー大学客員研究者 福岡 伸一氏

【イベントのポイント】

新型コロナウイルスの世界的な流行により私たちの働き方や生活は様変わりしました。緊急事態宣言によりテレワーク、リモートワークが浸透していく中、人事部門においては、採用面接のオンライン化への対応、従業員のモチベーション管理、エンゲージメントの希薄化による組織力の低下など多くの課題が顕在化しました。

感染症の流行が終息したとしても、全員がオフィスで働く状態に戻ることはなく、出社勤務とリモートワークの両輪が前提となる世界で、優れた人材は何を求め、企業はこうした人材の獲得・育成、組織パフォーマンスの向上、イノベーションを実現していくために、どのような戦略を立てていけばよいのでしょうか。

また、デジタルテクノロジーの進化に目を向けると、オンライン会議など物理的な空間を必要とすることなく感情の共有、社会的なつながりを持つことが可能となりました。こうした中、パンデミック下においても変化に適応し生産性を維持し、成長を続ける企業がある一方で、「コミュニケーション不全による組織力の低下、成長機会の喪失」「売り上げの低迷による新規投資の抑制、チャレンジ気運の停滞」「全社での意識改革、風土改革、リーダーシップ」などへの対応に苦慮している企業も少なくありません。

変化に適応できる企業、適応できず衰退する企業の2極化がますます顕著になっていくでしょう。

そこで、本カンファレンスでは、「タレントマネジメント」に焦点をあて、マネジメント部門、人事部門が取り組むべき「成長機会創出、失敗の許容、属人化の撤廃、組織・意識改革、健康経営、人材育成」などの課題について、有識者、実践者、プロフェッショナルの講演を通じ考察します。

開催日

2021/08/02 (月) 13:00〜17:00

エリア

オンライン

主催

文藝春秋

協賛

スタディスト、iCARE、MyRefer

定員

600名

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!