開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2021/08/11開催

急成長するXR・メタバースにおける ビジネス動向と知的財産権への対応

~デジタルツイン・バーチャル空間内での権利関係~

概要

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信

【講師】
関真也法律事務所 代表 弁護士・ニューヨーク州弁護士
関 真也(せき まさや) 氏

【重点講義内容】
Society5.0政策の推進、情報通信その他の技術の発達に加え、長引くコロナ禍の影響もあり、リアルとバーチャルの融合が急速に進みつつあります。それどころか、経済活動を含めた生活の大部分をバーチャル世界に移そうという動きも活発化しています。こうした社会の変化に伴い、これまでデジタルコンテンツをあまり扱ってこなかった企業を含めて、多くの企業が事業活動のあらゆる場面でデジタル技術を活用するようになり、知的財産権に関する新たな課題に直面するようになりました。
本講座では、デジタルツインその他のバーチャル環境の生成及びその中で行われるエンタテインメント、広告、売買その他の取引を巡る知的財産権等の権利関係をどう捉え、どのように対応すればよいかを考えていきます。

1.XR(VR/AR/MR)・メタバースとこれらを活用したビジネス
2.デジタルツイン・ARクラウドの生成及び利用の各場面における知的財産権の処理
 (1)著作権及び著作者人格権
 (2)商標権・不正競争防止法
 (3)意匠権
3.VR/AR空間における広告と知的財産
 (1)商標権・不正競争防止法
 (2)パブリシティ権
 (3)遮蔽による広告価値の毀損を理由とする損害賠償請求
4.アバターの権利関係と契約
 (1)タレント、モデルなど「ヒト」のデジタルツイン
 (2)VTuber
 (3)アバターファッション
 (4)バーチャルコスプレ
5.メタバースにおける経済活動
 (1)バーチャルプロパティの法的性質
 (2)3Dモデルの技術仕様を標準化する動き
 (3)NFT(Non-Fungible Token) の登場
 (4)サービス設計の自由さとそこに潜む新たなリスク
 (5)契約によるリスク管理
6.質疑応答/名刺交換

開催日

2021/08/11 (水) 14:00〜17:00

エリア

東京都

主催

新社会システム総合研究所

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!