開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
オンライン 2021/03/09開催

緊急解説!今対応すべき標的型ランサムウェア対策セミナー

~業務影響を最小限に抑える対策の考え方とは~

概要

近年、特に2020年の標的型(サイバー)攻撃では、業務データや工場の操業を人質に取る「ランサムウェア」を使った手法が目立ちました。
本セミナーでは、それらの実態から見た攻撃手法や最新の潮流をわかりやすく解説しながら、いくつかの有効な対策を選択肢としてご紹介します。
今後のセキュリティ対策計画のための情報収集の機会に、お気軽にお役立てください。

プログラム

10:00~10:40
事件に学ぶ!今日からできる標的型攻撃対策と運用チェックのポイント

業種、業界を問わず様々な企業が標的となって発生した標的型攻撃事件。
実際にはどのような攻撃であったのか、どのような脆弱性がターゲットになったのかを解説しながら、「今日からできる」対策とその運用のチェックポイントをわかりやすくご紹介します。

10:40~11:20
攻撃者目線から見直す、本当に必要な対策の勘所

ハッカーの攻撃手法は様々です。対応策も様々ですが、攻撃手法の構造的な関連性を考慮しないと、無駄な投資となる恐れも。
本セッションでは、攻撃者目線でサイバーキルチェーンを紐解きながら、適材適所でゼロトラストの視点も取り入れた標的型攻撃対策の勘所をご紹介します。

11:20~11:30
Q&A

開催日

2021/03/09 (火) 10:00〜11:30

エリア

オンライン

主催

アシスト

定員

100名

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!