開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン
東京都 2021/01/28開催

マルウェアの種類を問わずPCとデータを確実に保護する

日本のランサムウェア被害額世界2位? 経産省の注意喚起と先進的マルウェアの対策

概要

昨年12月18日に経産省が最近のサイバー攻撃の状況を踏まえた注意喚起を発信しました。

サプライチェーン上での攻撃や、海外拠点を経由した攻撃の増加に併せ、暗号化する前にデータを窃取し、それを公開すると脅迫する、進化したランサムウェアの急増に対しての注意喚起です。

同省資料によると日本企業のランサムウェア被害額は世界2位であり、国内の調査で52%のセキュリティ担当者が過去1年でサイバー攻撃を受け被害に遭ったと回答されたそうです。

さて、EMOTETにせよランサムウェアにせよ、進化する攻撃側のマルウェアの種類を問わず、エンドポイントを確実に守るソリューションを、私たちは提案しています。

・ゼロデーでも進化型でも、今後出てくる種類であっても確実な保護を実現
・新型ランサムウェアを開いてもPCや内部ネットワーク上のデータの圧縮、窃取を阻止
・パターンファイル類に頼らず、遠隔地でもオフラインの時でも同じ保護を持続
・不審なメールの添付やWEBサイトなどを安全に自由に開けるのでユーザの注意も不要

攻撃側の進化に対し、各種注意喚起が挙げる対応は「基本的な対策を徹底」など、あまり変化はありませんが、マルウェアに対する「最終兵器」がどのようなものか、今回45分のWEBセミナーを通してご紹介いたします。

開催日

2021/01/28 (木) 15:00〜15:45

エリア

東京都

主催

ブロード

種別

オンラインセミナー

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!