デジタルトランスフォーメーション(DX)を成し遂げるため、企業のITにはこれまで以上に柔軟性やスピード感が求められています。B2B、B2Cを問わず、ユーザーとの接点となるアプリケーションの重要性は増すばかりですが、急激な労働人口(エンジニア)の減少やレガシーの壁が障壁となり、これまでの開発体制やツールではそのニーズに対応しきれなくなりつつあります。当WebセミナーではDXを支えるアプリ開発ツールや開発基盤にフォーカスし、最新の情報を提供してまいります。

基調講演

株式会社クレディセゾン

専務執行役員

一般社団法人 日本CTO協会

理事

小野 和俊

1999年サン・マイクロシステムズ株式会社に入社。米国 Sun Microsystems, Incでの開発などを経て2000年に株式会社アプレッソを起業、データ連携ミドルウェア DataSpiderを開発し、SOFTICより年間最優秀ソフトウェア賞を受賞。2013年にセゾン情報システムズHULFT事業CTO、2014年他事業部も含めたCTO、2015年取締役CTO、2016年常務取締役CTOを務め、2019年に株式会社クレディセゾンへ入社。取締役CTOなどを経て、2020年3月より現職。

プログラム

13:00 - 13:40

基調講演

クレディセゾンのDXを支える
ソフトウェア開発戦略と人材育成

講演内容:

デジタル登場以前から存在していた多くの事業会社では、デジタル人材が社内に多くいるわけではなく、また以前から存在しているレガシーシステムも存在する中で、人材の面でも、システムの面でもDX推進に課題を抱えています。金融の事業会社であるクレディセゾンではこれらの課題にどのように向き合っているのかについてお話しします。

株式会社クレディセゾン

専務執行役員

一般社団法人 日本CTO協会

理事

小野 和俊

13:40 - 14:10

DX実現に重要なDevOpsの考え方や実例紹介と
監視SaaS Mackerelの紹介

講演内容:

DX実現には様々な要素が必要ですが、職種の垣根を超えたコラボレーションと開発と運用の細かいサイクルを実現するDevOpsという考え方が重要な要素の一つです。そして、DevOpsはクラウドを最大限に活用したクラウドネイティブな開発、運用環境を採用することが一つの選択肢です。今回の発表では、DevOpsを中心に弊社の実例を交えながら、Opsにとって欠かせない監視を支える監視SaaS Mackerelを紹介します。

株式会社はてな

Mackerelチーム リードSRE

古川 雅大

14:15 - 14:45

クラウドネイティブなWebアプリへの攻撃傾向と
セキュリティ対策

講演内容:

DXを実現するクラウドネイティブなWebアプリに対する攻撃は急激に増加しており情報漏洩事象も多数報告されています。当社が観測した攻撃や脆弱性の傾向について解説し、そのような状況下でもWebアプリのセキュリティ対策を実施可能なソリューションについて紹介いたします。

Contrast Security Japan合同会社

セールスエンジニア

梶原 史雄

14:50 - 15:20

近日公開

CircleCI合同会社

15:25 - 15:55

IBM次世代超高速開発で実現する
クラウドネイティブなアプリケーション

講演内容:

DXが急務となる中、各企業は迅速かつ柔軟に業務要件に対応するシステム構築が要求されています。IBMはコンテナ技術を活用しマイクロサービスに対応したクラウドアプリケーションの開発を次世代超高速開発ソリューションで推進しており、どの環境でも同じアーキテクチャーで動くアプリケーション開発をローコードで実現しています。本講演では、IBMが目指すローコード開発について、適用事例も交えてご紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社

グローバル・ビジネス・サービス事業本部
ハイブリッド・クラウド・サービス
アセット・ベースド・クラウド開発 部長

北田 純弥

  • ※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

セミナー概要

名称

ビジネス+IT Webセミナー

DXを支えるクラウドネイティブな
アプリ・ソフトウェア開発基盤

日時

2021年5月18日(火)13:00 - 15:55

形式

Webセミナー(Live配信)

※ご自身のPCやスマートフォンで受講可能です。

受講料

無料(事前登録制)

主催

SBクリエイティブ株式会社(ビジネス+IT)

協賛

株式会社はてな
Contrast Security Japan合同会社
CircleCI合同会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
ほか ※随時追加

メディア協力