昨今、テクノロジーの進化とともに、多くの企業においてITの役割は重要な転換期を迎えており、従来のシステム、ネットワークに、クラウドやモバイル、IoT、AIなどの技術を導入した新たなシステム環境の実現に向けて、異機種混在環境はさらに多様化・複雑化する傾向にあります。

このような状況の中で、さまざまな ITシステムの一元的な運用保守の実現と効率化、また、事業成長を継続するためにシステムの可用性と信頼性を強化することは IT部門が直面する課題です。

「マルチベンダー環境におけるテクノロジー・サポート攻略法」セミナーでは、企業が複雑なIT環境の課題を解決し、ITシステムの安心・安全な運用保守を維持するための具体的な解決策について、事例を多数交えながらご紹介します。
ご多忙とは存じますが、ぜひともご来場賜りますようお願い申しあげます。
セミナー概要
名称 「マルチベンダー環境におけるテクノロジー・サポート攻略法」
 最新事例 20社以上 一挙公開
日時

2017年10月19日(木) 15:00〜17:00 (14:30〜受付開始)

会場 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社事業所(箱崎)
東京都中央区日本橋箱崎町19-21
受講料 無料(事前登録制)
主催 日本アイ・ビー・エム株式会社
メディア協力
プログラム

 

オープニング
〜企業の成長を支えるこれからの戦略的な ITインフラ・ビジョン〜
ITシステムにおけるテクノロジー・ サポートの重要性
 
日本アイ・ビー・エム株式会社
GTS事業本部 TSS事業統括
執行役員 渡辺 公成
異機種環境が多様化・複雑化する中、ITシステムの運用保守の一元化ならびに事業成長を支える可用性・信頼性の強化など、IT部門が直面する各種課題を戦略的に解決するテクノロジー・サポートの重要性について解説します。

 

国内マルチベンダー・ソリューション採用事例 ベスト20
〜複雑な異機種混在IT環境の課題の戦略的な攻略法〜
 
日本アイ・ビー・エム株式会社
GTS事業本部 TSS事業統括
マルチベンダーサポート部長 大橋 栄次
複雑化を極めるマルチベンダー環境のITシステムの運用保守に関する各種課題の具体的な解決策について、IBMのテクノロジー・サポート・ソリューションをご活用いただいた最新の事例を多数交えながらわかりやすくご紹介します。

 

お客様特別対談
 
株式会社アスタリスク 代表取締役社長 鈴木 規之 様
 
アスタリスク社のモバイル・ソリューション「AsReader」のアフターセールス・サポートにはIBMテクノロジー・サポート・サービスが採用されています。 ますます多様化・進化するお客様のニーズに迅速に対応するために、なぜIBMを選択されたのか? その理由と今後の展望について伺います。

 

品質向上・コスト最適をめざした安心安全な運用保守の実現に向けて
〜コグニティブ技術によるさらなる運用高度化の実現〜
 
日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド事業本部
澤 崇
進化を続けるマルチベンダー環境においては、より高度で安心安全なシステムの運用保守が求められます。これからのIT運用保守の方向性について、最新の事例を交えわかりやすくご紹介します。

 

ビジネス変革を支援する運用保守のさらなる高度化の実践
〜事例に学ぶ先進的な運用高度化アプローチ〜

日本アイ・ビー・エム株式会社
GTS事業本部 TSS事業統括
執行役員 渡辺 公成

日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・テクノロジー・サービスソリューション
志賀 徹

日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド事業本部
澤 崇
複数のプロジェクトにおける運用高度化の実践を通じてみえてくるものとは?運用高度化実現に向けて採用されたソリューションとその理由、今後の展望などを概観する予定です。

 

クロージング・スピーチ
 
日本アイ・ビー・エム株式会社
GTS事業本部 TSS事業統括
執行役員 渡辺 公成
※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。
※お申し込み多数の場合は抽選制とさせていただきます。
※本セミナーは製品導入をご検討中のお客様向けのセミナーです。 同業他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。