ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
182件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【種別】動画

  • 少子高齢化や女性の社会進出、ダイバーシティの尊重など社会の変化とともに、新しい働き方へのニーズが高まっています。中でも、育児や家事との両立や、通勤時間の節約による効率化、また理想のワークライフバランスの実現といった面から注目されるのが在宅勤務です。最近では、比較的効果の見えやすい職種や部署から、採用を始める企業も増えています。今回は、ある在宅勤務の女性の働き方を通して、理想の在宅勤務の形を動画でご紹介します。

  • 法人向けの福利厚生代行サービスをはじめ、インセンティブ、ヘルスケアなど8つの事業を展開するベネフィット・ワン。自社開発による営業支援システム(SFA)の仕組みを使用していた同社では、入力フォーマットのカスタマイズ、外部閲覧、数値集計などに課題を抱えていたためSFAを刷新。これにより、トップセールス上位4人のうち3人が入社1、2年目の若手が占めるなど若手営業が飛躍的に成長し、事業部全体としても前年比360%の受注件数アップにつながっ...

  • 本デモ動画は、トップダウンでおりてきた予算を本社経営企画が支社に割り振りを行い、その内容にしたがって支社と営業が予算を作成するというシナリオで、実際の予算策定を行う様子がわかる。

  • モバイル・デバイスのビジネス活用が加速する一方で、セキュリティーや運用管理など多くの課題への対応が求められている。本動画では、日本IBMが推進するBYODモバイル活用を事例として、セキュリティー・運用管理のポリシーや具体的な解決策、実現した成果について紹介する。(講演者:日本アイ・ビー・エム CIOサービスJapan・ITインフラ企画 横田 努 氏)

  • グローバル化の進展や、競争の激化、少子高齢化や労働力人口の減少など、経営を取り巻く環境は厳しさを増しています。そんな中、効率よく働くことで生産性を上げる取り組みとして、多様なワークスタイルを尊重する「働き方改革」に注目が集まっています。その中で、「モバイルワーク」とは、営業などの外勤の社員が、いつでもどこでも、オフィスと同様の業務を行うことで生産性を上げるワークスタイルです。今回はある営業マンの働き方を通して、理想の...

  • GMOメイクショップは、EC領域のシステム開発やマーケティングプラットフォーム事業などを展開しているGMOグループの企業だ。同社では、複数のExcelファイルを使った煩雑な案件管理から脱却すべく、営業支援システム(SFA)を導入。確度別のリスト管理やアラートやToDoによる進捗管理、カスタマーサポートとの情報共有などを仕組み化することで、会議時間を1時間半から「15分」に大幅短縮、昨対比売上を200%増加させた。本動画では、GMOメイクショップで...

  • 営業支援システムに求められる重要な要件は、蓄積したデータをどれだけ活用できるかどうかである。本デモ動画は、インタラクティブな操作やゲーミフィケーションを取り入れ、案件管理や売上シミュレーションなどの高度な分析を可能にする「Oracle Sales Cloud」を使った各種分析の方法を解説する。

  • 1910年に創業された広島市に本社を置く総合ハウスメーカーの山根木材グループ。分社化することで、新築注文住宅、リフォーム、メンテナンスなど専門分野別に品質の高いサービスを提供してきた同グループだが、システムが個別最適化されていたために課題も生まれていた。同じ家主に対して新築施工とリフォームの営業がそれぞれ別々に営業に行ったり、メンテナンスの点検サービス担当者が得た顧客の環境変化をリフォームの営業に共有できずに商談機会を逃...

  • とあるWebマーケティング企業では、会社を大きく成長させるため新規事業を模索していた。そこである女性社員から上がってきた企画が、まったく新しいソーシャルサービスだ。実現すれば事業の新たな柱となることが期待されるが、その企画を聞いたIT部門担当者は、サービスインフラ構築計画のずさんさに頭を抱えるのだった。そこで彼が女性社員に授けた「秘策」とは?

  • 社員の生産性を向上させ、機動的なビジネスを行うために、ITはなくてはならないものになってきた。その一方で、自然災害やサイバー犯罪などにより、ITインフラが停止に追い込まれた場合、ビジネス上の大きな損失につながる。社員の生産性を向上させながら、さまざまなリスクを低減しつつ、さらに運用管理負荷を軽減するにはどのようなIT基盤を構築するべきだろうか。さらにその中で、クラウドやモバイルデバイスといったテクノロジーが果たす役割とはい...

  • リコーグループにあって、米国のサービス事業を手がけるリコーアメリカグループ。多くの企業同様、同社でもデータ量はここ数年で爆発的に増大してきた。そのため、従来は250ギガ〜300ギガの容量ストレージから500テラバイトのストレージになった。今や同社フロアには2ペタバイトのストレージもあるという。企業が成長するにつれて、ストレージも増加し、それに伴って業務上の課題も増えている。本動画では、リコーアメリカの取り組みを紹介する。

  • ウィルス対策、ファイアウォール、スパム/フィッシング対策は企業規模に関わらず進んでいるが、IDS/IPSにばらつきが見られる。どの企業も、最新の上位セキュリティソリューション導入には熱心だが、それで攻撃のすべてに対応できるわけではない。最新のセキュリティにプラスして必要な対策とは何か、過去15年のセキュリティの歩みを振り返りながら解説する。

  • ご存知の通り、サーバ仮想化には「迅速なサービス化」「システムの可用性向上」「コスト削減」といった導入メリットがある。しかし、従来のネットワークでは、こうしたサーバ仮想化で得られる効果を最大限に享受することができない。本動画では、サーバ仮想化に最適なネットワークを構築したかどうかでどのような差が生まれるのか、とある中堅企業のIT部門での出来事を見ながら解説する。

  • 売上増大への貢献や顧客サービス向上を目指し、多くの企業が注力しているのがIT基盤の統合、再構築である。本動画では、アイ・ティ・アールが実施したIaaS/クラウドサービスに関する調査結果をもとにして、同社プリンシパル・アナリストの甲元 宏明氏が国内ユーザー企業のIaaSに対する取り組みを解説。さらに、多種多様なサービスの中から戦略的にIaaS/クラウドサービスを選択するための、4つの評価基準を語る。

  • 企業の急速なデジタルビジネスへのシフトが進む昨今、爆発的に増加を続ける「データ」の重要性がますます高まっている。企業内のデータを活用してアプリケーションの開発テストに取り組んだり、あるいはバックアップ/DR(災害対策)して適切に保護するにはどうすればよいのだろうか? 元大成建設CIOで全社の情報システム再構築プロジェクトに携わった木内里美氏、エンドユーザー企業の日本パレットレンタル 黒岩氏、ベンダーのベル・データ 小島氏・松本...

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料