ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
9件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】運用管理>その他運用管理

  • 企業は「攻めのIT」へより多くのリソースを割くため、「守りのIT」である運用コストをさらに削減する必要性に迫られている。労働力確保の難しさという視点からIT運用の自動化に着目する企業も増えており、「ロボティック・プロセス・オートメーション」(RPA)という技術にも注目が集まる。IT運用を自動化するRPAとはどのようなものか、そして、企業がデータセンターの「働き方改革」を実現する上で必要なポイントとは何かを探った。

  • 多くの企業がビジネスのデジタル化に取り組む今、IT部門には、売上や利益の増加や、競争上の優位性を提供するため、コスト削減と新しい取り組みという相反する要求が突きつけられている。そうした中で取り組む企業が増えているのが、データベースの保守をサードパーティに移管する「第三者保守」だ。なぜ今、データベースを第三者保守に委ねるのか、デジタルトランスフォーメーション時代のデータベース戦略などについて、Publickey 編集長 新野淳一氏と...

  • 企業は今、デジタルイノベーションによって、新事業領域への進出や、既存顧客価値の最大化を図っている。こうした新領域への投資を行うためには、従来からある定常費用を削減し、その余剰予算を確保することが急務となる。アイ・ティ・アール(以下、ITR)のリサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリスト 浅利浩一氏が、限られた予算のなかで、売上に直接貢献できる新たなモダンERP構築の方法について解説した。

  • 経営環境の変化に柔軟に対応しながら、企業にはIT予算の効率的な投資が求められる。攻めのIT投資は積極化させる一方で、守りのITには継続的なコスト削減圧力が高まっている。そこで注目されるのが、ERPをはじめとする基幹系業務システムの運用コストの削減だ。安定的に活用されているにもかかわらず、ERPパッケージの保守費用は実に22%を占めるという。そのため、長期利用を前提としたエンタープライズ系ソフトウェアの保守を、メーカーではなく「サー...

  • 昨今、注目されているDevOps だが、定義はバラバラである。もともとDevOpsは、Developer(開発者)とOperator(運用者)が協力しあい、開発の成果物を迅速にリリースするような取り組み、思想、コンセプトのことを示していた。今は、ChefやJenkinsなどのオープン系の自動化ツールをイメージする方もいれば、ITILのようなプロセス改善 のベストプラクティスをイメージされる方もいるだろう。本書では、エンタープライズシステムに的を絞って、運用と開発...

  • 熊谷組は1997年に発表した経営革新中期計画に基づいて、1999年に「SAP R/3」を導入。以降、2005年にバージョンを4.7にアップグレード、2012年にはOSをUNIXから現行のWindowsの仮想環境にマイグレーションし、現在に至っている。しかし、保守料金は段階的に上がり、実質的に利用しているモジュールの範囲や、年間を通した問い合わせ対応の頻度と内容なども考えあわせると、非常に高額な保守料金が大きな負担となっていた。

  • モバイルをセキュアに活用するために、外に持ち出したモバイル端末でも脆弱性を修復できる仕組みが必要だ。本資料では、多様なシーンで利用されるモビリティ端末の包括的なセキュリティ対策を紹介する。

  • 同じ運用部門なのにメンバー同士やり方が違う。開発部門やビジネス部門と話が通じない。システム運用の効率化ためにアウトソーシングしようとしたが、なかなか要望が伝わらない――このような経験をしたことはないだろうか?以前はコミュニケーション不足として片付けられていたこれらの事象も、ITシステムが巨大化・複雑化して障害の影響が甚大となり、さらにオンプレミスとクラウドの棲み分けが進むなど運用環境が多様化している現代においては、抜本...

  • システム運用への要求・期待は日々増大している。高度になった運用マネジメント業務に、より多くの時間をかけられるようするためには、日々のオペレーションの 「自動化」あるいは「半自動化」を進めていくことが必要だろう。本ホワイトペーパーでは、システム運用の課題とそれを解決する「運用自動化」の5つの効果を洗い出すとともに、運用自動化の種類を整理し、ツールの活用ポイントについてまとめた。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料