ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
5件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】運用管理>オープンソースソフトウェア

  • ドイツ発のLinuxベンダーとして長い実績を誇るSUSE。同社が年に一度開くテクニカルイベントが、2014年12月、東京・虎ノ門ヒルズで開催された。今回のテーマは、「HA(高可用性)の再定義」。リリースされたばかりのSUSE Linux Enterprise Server 12に加え、OpenStackディストリビューションであるSUSE Cloudにおける同社ならでの最新のHA機能を紹介。ミッションクリティカル用途に向けて、Linux、OpenStackでいかにダウンタイムをゼロに近づけるかという...

  • エンタープライズ向けLinuxソリューションのリーディングプロバイダであるSUSE、その20年以上の実績やイノベーション・新機能について、また、ダウンタイム・ゼロへの挑戦について、The Attachmate Group アジアパシフィック担当副社長兼ゼネラルマネージャ、Boris Ivancic氏の講演資料によって紹介する。

  • SUSEのOPENSTACKへの取り組みとパートナーシップについて、その戦略や、顧客・パートナー・アナリストの声を通して紹介する。また、ビッグデータの「ABC」や、エンタープライズストレージの需要について、SUSE社 バイスプレジデント、Michael Miller氏の講演資料によって紹介する。

  • ハイエンド・エンタープライズ向けとして開発されてきたSLESが、バージョン12のリリースに当たってそのHA(高可用性)を再定義する。本資料ではFull System Rollback、Live Patching (kGraft)、Geo-Clustering、App Armorによるセキュリティ強化など、ダウンタイムを限りなくゼロに近づけるためのSUSEならではのユニークな機能と、その背後にある設計思想について紹介する。

  • Linuxの適用領域が拡大している。そのコストメリット、そのオープン性を評価して採用する企業が増え、その対象も周辺アプリケーションから基幹アプリケーション、ビッグデータ対応アプリケーションへと広まっているのだ。そして、サーバ統合やクラウドにつながる仮想化推進の流れの中で、Linuxの基盤強化が課題となっている。従来のスケールアウト手法だけではもう立ち行かない。そうした中、ハードウェアアーキテクチャに決定的な差を持ち、これまでの...

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料