ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
29件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】ハードウェア>PC・ノートPC

  • ワークスタイルの変革は、いまや国を挙げた取り組みとなった。少子高齢化に伴う労働力人口の不足を補うには、高齢者や子育て世代、親の介護が必要になった世代などを支援し、多様な働き方を実現することが不可欠だからだ。しかし、それに必要な環境を整備するには、相応のコスト・手間がかかる。より低コストでもっと手軽に、かつセキュアなリモートワーク環境を整備するにはどうすればよいのだろうか。

  • 企業の現場で使われるPCは、「問題なく業務をこなせているから」と変えることに臆病になりがちだ。だが、本来はビジネスを加速してこそのPCだ。新しいプラットフォームのPCを導入することで、その可能性が見えてくる。圧倒的な安心感で定評のある東芝のビジネスPCと、インテルの第6世代 Core™ プロセッサーの組み合わせは、まさにビジネスのアクセルとなって仕事を次の高みに昇華させる。その背景を、東芝クライアントソリューション クライアント...

  • 企業が保有する重要情報の漏えいが後を絶たない。日本年金機構やJTBなど、セキュリティ対策の訓練を高頻度に実施していた企業でも、不正アクセスによる情報漏えい事件が起こっている。このことからも分かるように、社員が使う端末、すなわちエンドポイントへのセキュリティ対策の重要性は高まるばかりである。こうした中で自治体を中心に進んでいるのが、社内ネットワークに接続する端末とインターネットに接続する端末を分離させる「インターネット分離...

  • 仕事で使うPCだからこそ、誰にも譲れないこだわりがある。プロフェッショナルなニーズに応えるビジネスノートとは? PCを知り尽くした、戸田 覚が本気で使ってわかった失敗しないビジネスノートの選び方をご紹介する。

  • 3Dグラフィックス動画や画像など、あらゆる業務で大容量データを扱う機会が増えている。本資料では、ワークステーションをはじめとする要求レベルの高いアプリに最適なリモートデスクトップソリューション「HP Remote Graphics Software(RGS)」の特長や導入事例を紹介する。

  • 2013年4月に安藤建設とハザマが合併して誕生した安藤ハザマ。同社は合併に伴って、5000台を超えるPCに対し、Windows Updateのセキュリティパッチを確実に適用する方法を模索していた。

  •  企業が一度導入すれば複数年使用するPC、単純に初期の端末コストや表向きのスペックだけで選択して良いものだろうか? 企業で導入するのであれば、数年の間のランニングコストや管理面を勘案し、TCOを重視して選ぶべきだ。
     TCOに着目したとき、有力な選択肢となるノートPCが、省電力性に優れた「スタンダードノート」だ。最新のインテル第5世代低電圧版CPUを搭載しているモデルは、低クロック数であっても高パフォーマンスで省電力性に優...

  •  企業が一度導入すれば複数年使用するPC、単純に初期の端末コストや表向きのスペックだけで選択して良いものだろうか? 企業で導入するのであれば、数年の間のランニングコストや管理面を勘案し、TCOを重視して選ぶべきだ。
     TCOに着目したとき、有力な選択肢となるノートPCが、省電力性に優れた「スタンダードノート」だ。最新のインテル第5世代低電圧版CPUを搭載しているモデルは、低クロック数であっても高パフォーマンスで省電力性に優...

  • タブレットの企業導入は、もはや珍しくなくなった。しかし実際は、資料や報告書作成といった業務ではノート PC の方が便利で、結局ノートPCとタブレットの2台持ちで外出、というケースも多い。では、どういったデバイスがビジネスモバイルとして真に優秀なのだろうか? ビジネスでの活用をとことん追求して仕上げられた東芝の「dynabook R82」を、ビジネスシーンを想定しながら徹底的にレビューする。

  • 大貫エレクトロニクスの情報システム部門は、「スマートクライアント標準PCサービス」を導入することで、具体的にどのように変わっていったのだろうか? 後編では、PCの調達、デリバリー・展開、故障対応、リプレイスという側面から、いかに情報システム部門の管理者工数が激減し、これまで手をつけたくても踏み込めなかった情報戦略の策定や戦略実行の支援など、コア業務に集中できるようになったのか、実際の業務シーン別にみていこう。

  • 企業の情報システム部門には、全社的な事業戦略の検討や、ビジネス変革をドライブすることが求められている。とはいえ、既存システムの運用管理に日々を追われ、他業務に手が回らないのが現状──という企業は多いだろう。その原因の1つは、PC運用管理の複雑化にある。近年、管理すべきPCの数や機種が多様化し、いざ運用業務の改善を始めようにも、一体どこから手を付けてよいのか分からない。こうした課題を解決するため、日本電気(以下、NEC)が自社...

  • 古いPCを使い続けても、ビジネスに大きな影響はない──そう考えていないだろうか? そこで実際に5年前のスタンダードノートPCと最新のスタンダードノートPCを比較して、ビジネスの効率に違いはあるのかを検証してみよう。

  • Windows 10は使い勝手とレスポンスがよく、評判も上々。そろそろ会社のモバイルノートPCを買い換えようと考えている方も少なくないだろう。今回は、仕事向きモバイルノートPC選びの鉄則を4つ紹介していく。「安いだけ」「軽いだけ」「格好良いだけ」といった簡単な評価軸で選ぶのは失敗の元。モデルとして東芝の新製品dynabook R73で解説していこう。

  • PCの法定耐用年数は4年だが、4〜5年前のPCを使い続けている企業は少なくない。多少古いPCでも、普段の業務にはあまり差し支えがないと考え、そのまま使い続ける…この選択は正しいのだろうか? 最新のPC「dynabook R73」と4年前の同系統モデルのPC「dynabook R731」では、実際どのくらい仕事の効率性に差が出るのか、さまざまな項目で比較してみた。

  • タブレットの企業導入は、もはや珍しくなくなった。しかし実際は、資料や報告書作成といった業務ではノート PC の方が便利で、結局ノートPCとタブレットの2台持ちで外出、というケースも多い。では、どういったデバイスがビジネスモバイルとして真に優秀なのだろうか? ビジネスでの活用をとことん追求して仕上げられた東芝の「dynabook R82」を、ビジネスシーンを想定しながら徹底的にレビューする。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料