ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
37件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】IT戦略>ソーシャル・エンタープライズ2.0

  • 富士通パーソナルズは、家電量販店スタッフへの新商品紹介、研修や売り場の提案、店頭POP作成やイベント、キャンペーンなどPC拡販全般を担う富士通グループの企業だ。同社では、これまで紙で配布していた家電量販店スタッフの研修に使われる業務パンフレットのアプリ化を実施。これにより、パンフレット制作にかかる制作期間を約2か月から1週間まで短縮させたほか、年間約400万円のコスト削減を実現させるなど、さまざま成果を上げている。本資料では、...

  • さまざまな業界がデジタルシフトを目指す中で、オムニチャネルやO2Oといったキーワードを背景にデジタル化を進めているのが小売業だ。店舗からECサイトまで一貫した在庫情報のリアルタイム管理、SNSを通じた情報発信、メールマガジンやクーポンによる販促施策など、デジタルシフトを成功させるためのカギを握るものとして、自社アプリが注目されている。本資料では全国500店舗を構え、ジーンズを中心としたカジュアルファッションを販売するライトオンや...

  • 企業は常に業績の拡大を目指している。その活動を支えるのが、他ならぬ社員同士の効率的なコミュニケーションである。昨今は短い文章で手軽なことから、ビジネスシーンでのチャット利用が増えている。しかし、セキュリティやコンプライアンス面の配慮、ソーシャルハラスメント(ソシャハラ)、既読プレッシャーによる社員同士コミュニケーション齟齬など、活用するためには課題も多い。ビジネスチャットを活用し、仕事を効率よく気持ちよく進めるために...

  • 水処理設備、装置の開発・設計・製造・施工・メンテナンスをさまざまな業種に販売する某メーカーでは、メール容量不足のために月に1、2度発生する不要なメールフォルダの整理業務、シャドーITからの脱却といった課題に取り組むべく、ビジネスチャット「TEんWA」の導入を検討する。検証中に発生した熊本地震を通じて、前述の課題を解消できること以外にも、数多くのメリットを実感した。同社が取り組むビジネスチャット導入事例を紹介する。

  • 昨今、「ビジネスチャット」を銘打つサービスが数多く登場している。導入やテストを検討している企業も多いだろうが、どれも似たような機能を備えているだけに、どれが自社にとって最適なのか判断が難しい。重要なポイントは、「どこまでビジネスに特化した設計がなされたサービスなのか」を読み解くことだ。ビジネスチャットは単なるメールの置き換えではなく、ビジネスの世界観をガラリと変える可能性を持つプラットフォームなのである。

  • 着うたから音楽配信にビジネスを変貌していったレコチョク。それを支えていたシステムをどのように変遷させていったか、また、現時点で抱えているシステム課題に対して、今後どのようなビジョンを描いているかを解説する。(株式会社レコチョク 講演資料)

    2016年11月2日開催セミナー
    「企業の成長を左右するデジタルビジネス
    最高の顧客体験で実現するビジネスイノベーションとは?」
    主催:丸紅情報システムズ株式会社
    ...

  • ここのところ、「チャット」と「ビジネス」の結びつきが強まっている。今やコミュニケーションツールとして欠かせないものになってきた「LINE」はもとより、チャットUIを備えたスマホアプリや問い合わせフォームなども一般的になってきた。こうした中でも、まだ「LINEは若者がスマホでおしゃべりするツールだろう」というビジネスパーソンがいるのも事実。が、その認識はできるだけ早期に改めた方がよさそうだ。

  • ビジネスのコミュニケーション手段として「電話」や「メール」が広く使われているが、働き方が大きく変わりつつある今、その対応にはストレスが伴い、仕事の効率を低下させ、業務現場は疲弊しているのが実情だ。そうした中で注目されつつあるのが、「ビジネスチャット」と呼ばれるツールである。2011年の製品リリース以来、一貫してその活用を実践してきたChatWorkは、“Make happiness”の理念とこだわりを体現した「チャットワーク」を開発。クラウド...

  • コンシューマー向けでは圧倒的なシェアを獲得するLINEが、企業向けチャットツール「LINE WORKS」をリリースした。このLINE WORKSの画面上で、条件分岐、代理承認、捺印、ディスカッションなど多種多様で高度なワークフロー機能を実現するのが「サテライトオフィス・ワークフロー for LINE WORKS」だ。スマートフォンやタブレットにも対応し、出先からでも素早く申請&承認が可能だ。

  • その使い勝手の良さから圧倒的なユーザー数を誇るLINEに、企業向けとして「LINE WORKS」が登場した。ビジネスチャットツールは数あれど、やっぱりLINEが便利な理由とは? 自動車買取大手のIDOM(旧ガリバーインターナショナル)、携帯電話ショップ大手のコネクシオ、スポーツクラブを全国展開する東祥の3社の事例も交えながら、その機能と期待できる効果について紹介する。

  • LINE WORKSやDropbox Business、Workplace by Facebookなど、コンシューマー向けにシェアを獲得したサービスの企業向けソリューションが相次いでリリースされている。こうしたサービスをより安全に使いたい企業には、「サテライトオフィス・シングルサインオン」がおすすめだ。IPアドレスや端末単位でのアクセス制御、パスワード強化、基幹系システムや他クラウドシステムとのシングルサインオン(自動ログイン)などを実現できる。

  • 日常生活にスマホが必要不可欠になる中で、あるスポーツウェアメーカーでは、2014年よりスマホアプリの展開に着手。単なるECや販促の手段としてだけでなく「ブランディング」を意識したオウンドメディアを構築し、顧客コミュニケーションに活用している。立ち上げからの2カ月半で5万5000ダウンロードを達成。さらに、販促施策のクーポン利用率が40%を超えたほか、ターゲット層へのリーチも可能になるなど、O2O(Online to Offline)の有効な手段としてさ...

  • ATM手数料24時間無料、インターネット振込手数料無料のサービスなどをはじめとして革新的な取り組みを続ける新生銀行。同行では2014年、PCにとどまらずスマートフォンでのインターネットバンキングへの対応を開始。自社アプリをリリースして1年で10万ダウンロードを突破し、ロイヤルカスタマーの獲得・維持を実現している。本資料では、同行のほか、メディア・コンテンツ業界の企業が推し進めるアプリビジネス事例の取り組みとその効果について紹介する...

  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を取得する某デジタルマーケティング会社では、気軽でスピーディーな社内コミュニケーションによる一層のビジネス加速を目指してISMSの基準や運用にマッチするビジネスチャットの検討を開始する。経営層が重要な評価基準としたセキュリティの高さを評価して採用されたのが、ビジネスチャット「TEんWA」である。

  • ソフトウェアの受託開発、人事給与を主体としたアウトソーシング、データセンター事業などを行っている某システム・インテグレーター。リアルタイムなコミュニケーションのニーズが高まっていた同社では、セキュリティ面で信頼性が高いツールの比較検討を行い、ビジネスチャット「TEんWA」を採用する。同社が選定時に検討した比較項目と決め手とは何だったのか。導入決定のポイントと導入効果を紹介する。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料