ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
7件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】業種・規模別>医療IT

  • デスクトップ仮想化(VDI)は、情報漏洩対策やBCP対策に有効で、システムの保守・運用の効率化、ワークスタイルの変革にも効果的なソリューションとして知られている。これまで操作性を含めたユーザビリティやコストの点で導入に踏み切れなかった企業も多かったが、近年、中小企業を含めて様々な業種でVDIに関心を示す企業が増えてきた。いったいその理由はどこにあるのか? VDIの市場規模や導入事例、投資対効果の高さを示す調査データといったVDIの最...

  • 最近、駅や空港などの公共施設でAED(自動体外式除細動器:Automated External Defibrillator)を見かけることが増えた。万が一急病人が発生した際、その場に居合わせた人が応急処置として電気ショックを与えることができる装置だが、このAEDを製造している国内唯一のメーカーが日本光電工業(以下、日本光電)だ。国内トップシェアの医療機器を数多く開発している同社にとって、医療機器に組み込むソフトウェアの品質向上は、最優先で解決すべき課題の...

  • 医療法人 明仁会 かないわ病院は、石川県金沢市にある中堅の精神科病院である。同病院では、Windows XPのサポート終了に合わせてITシステムを刷新し、仮想デスクトップ環境を構築した。しかし、そこに至るまでには長い長い道のりがあり、医療機関ならではの課題と現在の医療を取り巻く環境変化が大きく影響していた。同病院でシステム刷新の中心となって活躍しているIT管理課 医療情報技師 河原直人氏と、本プロジェクトに関わった関係者に話を聞いた。...

  • 少子高齢化に伴う医療費の高騰と医療費削減への圧力、それに伴う医療機関の役割の変化など、医療機関を取り巻くマクロの環境変化は激しい。一方で、医療現場に目を移せば、いまこのときも、人々の命を救い、健康を取り戻すための活動が行われている。そこでは、外部の人間からは容易には想像できない課題もあるようだ。本記事では、医療機関にITシステムを提供している3社の担当者に、現在の医療現場が抱える課題とITによる解決方法について、話を聞いた...

  • 大阪府寝屋川市に病院を構える上山病院。同院では、2007年から院内の情報化を本格的に進めるようになり、電子カルテシステムや医事、薬事、医療用画像管理システム(PACS)など、さまざまな情報システムを導入・統合してきた。さらに、これらのシステムを支えるサーバーや端末の老朽化が目立ち始めたことをきっかけに、院内システム全体の抜本的な見直しに着手した。

  • タイタンは医療画像診断専門医との豊富なネットワークを有し、多くの製薬・医療機器メーカー向けに高品質の 「医療画像解析サービス」を提供している企業だ。同社の画像配信基盤は従来オンプレミス環境にあったが、利用者が増加した際のパフォーマンスの維持、ハードウェアの障害対策、セキュリティの確保といった運用負担の課題を抱えていた。

  • グループウェアをはじめ、さまざまな製品をWebベースで提供しているサイボウズ。同社製品として、オンプレで動作するパッケージ版とクラウドで提供するサービスのcybozu.comがあるが、従来はパッケージ版とクラウド版の組み合わせではユーザー連携で制限があった。そこでノベルのSSO製品であるAccess Managerを導入。制限を補完して使い勝手を向上するソリューションを実現した。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料