ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
11件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】生産・製造>物流管理・在庫管理・SCM

  • あらゆるモノがデジタル化され、ネットワークにつながり、クラウドで共有されるインダストリー4.0/第4次産業革命の時代には、企業は製品ありきではなく、ビジネスプロセスそのものを「顧客志向」に変革する必要がある。たとえば顧客ごとにカスタマイズされた製品を大規模に生産する「マスカスタマイゼーション」を実現するには、「パーソナライズ」「リアルタイム」などのテクノロジーがキーとなり、物流をはじめとするサプライチェーン改革も必要となる...

  • モノが売れなくなった今の時代、企業は新規顧客開拓とともに、既存顧客との関係強化が求められている。こうした中でマーケティングのキーワードとなるのが、顧客との価値の共創だ。今の顧客が求めている価値とは。また、その動きをフォローし、業績拡大に結び付けていくために、企業が取り組むべきことは何か。小売・流通業のマーケティング戦略を研究する早稲田大学 社会科学総合学術院 野口 智雄教授と、通販事業者向けシステムを提供する日立システム...

  • ここ数年、食品の産地偽造や加工食品への異物混入などの事件が報道され、“食の安全・安心”を求める消費者の声はますます高まっている。その一方で、大幅な円安や原材料高が食品メーカーの収益性を急速に圧迫しており、採算管理や在庫管理は喫緊の課題だ。とはいえ、大手と違い、中堅中小の食品メーカーは、資金や人的リソースに限りがあるのも事実。こうしたさまざまな課題に応えるのが、クラウドを活用した食品業界専門のICTサービスだ。

  • 経済のグローバル化が進むなか、大手ばかりでなく中堅中小企業も海外進出が進んでいる。ところが、海外に進出した企業の多くにはある共通の悩みが存在している。スピードを重視し過ぎたあまりに、現地のITシステムが混沌化しているというのだ。しかもそれは、企業規模の大小を問わないという。いったいその課題とは何なのか。解決策はあるのだろうか。

  • 国内では景気低迷や円高が続く厳しい経済情勢があるため、製造業においては、大企業のみならず、中堅中小企業においても海外進出が加速している。実際に製造業における国内・海外別子会社保有企業比率の推移を見てみても、国内は横ばいにもかかわらず、海外は調査開始以来最高値となり、製造企業の4社に1社は海外子会社を保有していることになる。(「平成22年経済産業省企業活動基本調査報告書」より)。そして、このような流れの中、中堅中小の製造業...

  • サプライチェーンが新たな顧客価値を創出する──このことにはすでに異論はないはずだ。サプライチェーンを担当する部門にとって、2016年は2020年に向けた短距離走のスタート地点であり、今後は他の部門と対等の立場で新たなビジネス戦略の議論に参画し、価値の源泉の特定や、新たな収益への転換にさらなる貢献を果たしていくだろう。本レポートでは、単に顧客志向のサプライチェーンを促進する取り組みに着手するだけではなく、実際に具体的な成果を上...

  • 世界最大規模の宅配便会社でサプライチェーン管理サービスのプロバイダーでもあるUPSは2013年、同社の店舗ネットワークを通じて3Dプリンティングを提供する試験運用プログラムを米国内の6都市でスタートさせることを決断した。この取り組みは好評を博し、1年後には試験運用を拡大して全米60カ所以上の店舗で3Dプリンティング機能を展開するに至る。本資料は同社の取り組みを簡単に紹介する。

  • コカ・コーラは2009年、より幅広い飲料の選択肢を消費者に提供したいと考え、最初のFreestyle自販機を導入した。この新世代の飲料自販機は、消費者が100種類におよぶ豊富な選択肢の中から独自のドリンクを作ることができるというもの。本資料では、この自販機のブレンド機能を背後で支える革新的なテクノロジーについて解説する。

  • 製品をカスタマイズし、顧客1人ひとりが求める極めて限定的なニーズに応じられるようにすることは、今やどの企業においても将来の競争力を担保するための必須要件となりつつある。しかし、これは既存のビジネスモデルや業務プロセスの根本的な見直しを意味するため、実現が極めて困難な課題といえる。このレポートでは、顧客に応じて製品を個別化する重要性について検討し、その実現に向けて克服しなければならない主な障壁を明らかにし、企業が個別化さ...

  • Haier Groupは、中国を拠点に家庭用電子機器と家電製品を製造販売する多国籍企業だ。世界の代表的な家電ブランドと認知されている同社の全世界の売上高は、2014年に321億ドルに達し、世界での市場シェアは10%を超えた。本資料ではそんなハイアールの製品のプラットフォーム化を通じたビジネスモデル変革について簡単に紹介する。

  • デジタル化の波が、今まさに世界経済のルールを塗り替えようとしている。その時のチャンスを創出・活用できる企業になるためには、「拡張サプライチェーン」全体にわたって情報管理・同時処理を可能にする環境を整備しなければならない。新たな次元のサプライチェーンでは、より高度なコネクティビティ、インテリジェンス、即応性、予測性が実現される。これにより企業は、顧客志向のプロセスを促進してパーソナライズされた製品を独自に開発・提供する...

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料