ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
14件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】組織改革>リーダーシップ

  • 部下育成・後輩育成に有効とされ、多くの企業が社員教育として取り入れるOJT(On-the-Job Training、オン・ザ・ジョブ・トレーニング)。OJT研修を実施する企業は多くありますが、自社のOJT研修を「自信をもってできている」と言い切れる企業はどのくらいあるでしょうか。OJT研修の内容は業界・業種・階層などによって異なるため、企業はそれにあわせたOJT研修の実施を求められます。本コラムでは、OJTにより部下・後輩の成長を促すためのポイントをお伝...

  • いまや、新聞や雑誌、Webメディアで「イノベーション」という言葉を聞かない日はない。企業戦略においても、イノベーションは不可欠な概念だ。イノベーションは「好き嫌い」から生まれると語る一橋大学大学院国際企業戦略研究科 楠木 建氏と、ユニークな人事制度で知られるサイボウズ 社長室 フェロー 野水 克也氏が、イノベーションの考え方や企業の多様性への取り組み、組織とイノベーションの関係性について議論を交わした。

  • グローバル企業のCEOは、海図のない航海をしているようなものだ。こうした中で重要なのが、テクノロジーの進歩、人口構造変化、急速な都市化など、世の中の既成の概念を覆すほどの大きな力を持った地政学や経済のマクロな動き、いわゆる「メガトレンド」を理解し、対応することである。世界のCEOは今、何を考え経営の舵取りをしているのか。PwC Japan 日本代表 鈴木 洋之氏が、世界のCEOを対象に行った「世界CEO意識調査」の結果を読み解いた。

  • クラウド型のビデオ会議サービス「Arcstar Video Conferencing(ビデオ会議)」は、ビデオ会議専用機「ビデオルーム」を組み合わせて利用することで、より簡単に接続でき、大きな画面で臨場感ある会議を行える。本資料では、ビデオルームの特長、接続イメージ、利用シーンなどについて詳しく紹介する。

  • 「Arcstar Video Conferencing(ビデオ会議)」は、いつでも、どこでもつながる高品質なクラウド型のビデオ会議サービスだ。本資料では、Arcstar Video Conferencingの優位性や特長、利用シーン、機能などについて詳しく紹介する。

  • 身だしなみ、言葉づかい、名刺交換の仕方、電話対応などの「ビジネスマナー」は多くの企業でビジネスパーソンの基本スキルの一つとして位置づけられていることでしょう。では、そもそもなぜ「ビジネスマナー」を習得する必要があるのでしょうか。ここでは多くの企業が新入社員研修で実施する「ビジネスマナー」をテーマに「頭」「体」「心」の切り口で解説していきます。

  • 「ビジネスパーソンとして最低限身に着けておくべきベーシックスキル(基本スキル)とは何か?」という問いの中で、必ず挙がるスキルの一つが「ロジカルシンキング」です。「ロジカルシンキング」をテーマにした書籍・研修も数多く展開されていますので、「ロジカルシンキングという言葉を知っている」「知識として理解している」といったビジネスパーソンは少なくないでしょう。しかし、「実際のビジネスシーンで実践できているか」という問いに、自信...

  • 複雑な経営環境下で持続可能な成長を遂げるために、世界のCEOたちは何を考えているのだろうか。本資料では、PwCが行った第19回世界CEO意識調査の結果を紹介。成長するマーケットやビジネス上の脅威、ステークホルダーとの新しい対話の方法について解説する。

  • 近年、デジタル化の発展が著しく、顧客の顔を見ることができる環境が整いつつある。同時に、低成長下で顧客が希少化し、マージンも圧縮され、「マス」を相手にビジネスを組み立てるのは難しくなってきている。 企業は、誰が自社の顧客なのかを明確にし、その顧客との関係性構築のために、デジタル化を含め、ケイパビリティを最大限に高め、活用してこそ生き残りの道がある。本資料では、いくつかの取り組みと、ケイパビリティ獲得のために考えておきたい...

  • PwCの第17回全世界CEO意識調査では、CEOの81%が、今後5年間にわたってビジネスを最も変革する要因として「テクノロジーの発展」を取り上げている。テクノロジーの発展がもたらす外部変化と内部変革は、そのコンビネーションによってリスクエクスポージャーは高まり、伝統的なリスク管理システムでは対処不能な能力ギャップが広がっている。本資料では、PwCの全世界サーベイ「Risk in Review」およびリスクマネジメントのフレームワークを用いてデジタル...

  • 採用活動において「面接官による評価のバラつき」という課題がある。面接の評価は個人の主観が入ることがあり、面接官によって評価・判断が分かれるケースが起こりやすい。この評価のズレによって、優秀な人材を逃すだけでなく、期待に反した人材を採用してしまう問題を引き起こしかねないのだ。今回は、この評価のズレを減らす面接手法としてGoogleが採用している「構造化面接法」を、同社事例を交えながら紹介しよう。

  • 企業は、これまで以上に不確実性のリスクにさらされている。事業のグローバル化が進展し、ステークホルダー(利害関係者)との対話も求められている。さらに技術革新も喫緊の課題だ。こうした問題に対応するべく、Management ExcellenceとOperational Excellenceを密に連携させ、企業収益を最大化しつつ、継続的な成長を実現できる方法を模索する。

  • 20年以上にわたり経営管理/BI/データウェアハウスに専業してきたZEAL(ジール)。これまで800社にのぼる顧客の導入実績があり、主要ベンダーの豊富なナレッジを活かし、業界をリードしてきた。本資料では、同社概要とソリューションを紹介する。

  • 「会議」は、あらゆる組織の意思決定を支える重要なイベントです。しかし、支社や支店から社員やスタッフを集めて開催する全社会議やグローバルな経営会議を実施する際には、出張費がかかったり、運営の手間がかかったりとさまざまな課題が潜んでいます。たとえテレビ会議システムを導入していたとしても、設定が面倒だったり、運用コストが高かったりと、全支店に展開するには限界を感じている企業も多いのではないでしょうか。実は、このテレビ会議の...

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料