ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
8件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】コスト削減>調達コスト削減

  • 武田薬品工業は、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」ことを目指すグローバル製薬企業だ。 利益率を向上させ、成長への投資を加速させるために、2013年より同社は、オペレーションの有効性と効率性を追求した全社戦略「プロジェクト・サミット」を開始。「プロジェクト・サミット」では、財務、人事、IT、購買等の間接部門についてもグローバル化が推進されており、特にIT部門においては、ITのプラットフォーム、リソース、...

  • 大貫エレクトロニクスの情報システム部門は、「スマートクライアント標準PCサービス」を導入することで、具体的にどのように変わっていったのだろうか? 後編では、PCの調達、デリバリー・展開、故障対応、リプレイスという側面から、いかに情報システム部門の管理者工数が激減し、これまで手をつけたくても踏み込めなかった情報戦略の策定や戦略実行の支援など、コア業務に集中できるようになったのか、実際の業務シーン別にみていこう。

  • 企業の情報システム部門には、全社的な事業戦略の検討や、ビジネス変革をドライブすることが求められている。とはいえ、既存システムの運用管理に日々を追われ、他業務に手が回らないのが現状──という企業は多いだろう。その原因の1つは、PC運用管理の複雑化にある。近年、管理すべきPCの数や機種が多様化し、いざ運用業務の改善を始めようにも、一体どこから手を付けてよいのか分からない。こうした課題を解決するため、日本電気(以下、NEC)が自社...

  • 電子部品を製造する大貫エレクトロニクスは、質の高さや精確さで世界中のメーカーから一目置かれる製造業者だ。IoT(モノのインターネット)の台頭でマイクロプロセッサを始めとする精密機械の需要が伸び、売上も順調に推移。社長はこの好機を最大限に活かしたいと考え、情報システム部の部長にある相談をした。それは、情報システム部を経営戦略に関わる企画提案のできる部署へ進化させるという内容だった。以前より同じ構想を抱いていた同部長は喜ぶも...

  • ビジネスに貢献する、より事業戦略に沿った業務へと変革を求められている情報システム部門。しかし、ユーザー部門から突然持ち込まれるPCの障害対応や、新規PCのセットアップなど、PC運用管理に関わる業務は未だなくせない負担であり、コストアップを招くと共に人的リソースを大きく圧迫している。これからのPC運用管理はどう考え、どう改善するべきか。日本電気(NEC)の事例を元に探っていこう。

  • 本レポートは、NECが主催した「PC運用管理業務の改善」セミナーに参加した方々のアンケート結果をまとめたものだ。その結果を基に、同じPC運用管理業務に携わっている人が、一体どんな悩みを抱えているのか、何を課題としているのかを分析している。PC運用管理の“業務改善"の参考にしてほしい。

  • NECでは、ITの最新トレンドについて随時市場調査を実施している。2013年7月には、国内の一般企業を対象に「パソコン(クライアントPC)に関するアンケート調査」を実施。企業が抱えるPC運用管理の悩みが浮き彫りとなった。本資料では、各々の回答の関連を集計対象を絞り込んで分析し、考察をまとめている。

  • 端末の多様化や利用形態の変化から、クライアントの運用管理業務はますます複雑化している。経営層の視点からも、こうした運用管理にかかる工数・コストは適正なのか、判断しにくい。同様の悩みを抱えていたNECでは、全体最適の観点からPC調達・運用管理の仕組みをシンプルなプロセスへと再構築。その改革モデルを活用した「スマートクライアント標準PCサービス」を提供している。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料