ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

IT導入支援情報

IT導入支援情報検索結果

PR
15件のIT導入支援情報がありました
表示件数

【ジャンル】コスト削減>経費削減

  • 稟議申請などによって、意思決定を円滑化し、業務を効率的に遂行したりするためのワークフローシステム。交通費精算をはじめ、すべての従業員が利用する経費精算システム。いずれも多くの企業が利用するシステムだが「とりあえず利用できればよい」と考えている企業も少なくないのが現状だろう。しかし、こうした状況に甘んじているとさまざまな弊害が生じることになる。そこから脱却するには何が必要なのか。また、これらのシステムを導入するときに考...

  • 誰もが利用できる信頼性に優れたファイル形式として広く普及している「PDF」。しかし、WebからダウンロードしたPDFファイルが改ざんされている、あるいは自らが作成したPDFファイルに個人情報が含まれている可能性を否定できるだろうか。実は、PDF化すれば安全であるというのは誤解であり、PDFにもきちんとセキュリティ設定を施さなければならないのだ。標的型攻撃やWeb改ざん対策、内部統制にも有効なPDFファイルのセキュリティ対策について解説しよう...

  • 面倒で時間がかかる割に、生産性にまったく寄与しない経費精算。依然としてExcelなどで対応するケースもあり、外出先でできない、データがなかなか揃わない、承認プロセスの調整が面倒といった課題を抱える企業も多い。こうした課題をどう解決したのか。本資料では6社の取り組み事例を一挙、公開する。

  • タブレット型のPOSレジを導入することで、従来のPOSで抱えていたコストやデザイン、オペレーションといったさまざまな課題を解決できる。しかし、導入したいと考えつつも、漠然とした不安を抱いている企業は多い。そんな最後の不安を払拭することができるのが、NECのPOS開発経験・ノウハウをiPadアプリに集約することで低価格化を実現したクラウド型の簡単導入POSレジ「NECモバイルPOSソリューション」だ。

  • 日本人は勤勉だ。終業時間になっても仕事が終わっていなければ、居残って片付けようとする。長時間働く真面目さが、社員評価の1つの指標になっている会社も少なくないようだ。しかし、本当にそれでよいのだろうか。能力も経験も異なる多様な人材が働く組織にとって、果たして「時間」は一人一人の人材を適切に評価する軸として、どこまで妥当なのだろうか? 仮に問題があるとしたら、そこに解決策はあるのだろうか。

  • 1992年に誕生し、2017年で25年を迎えるPDF。このPDFは、電子文書交換の国際規格ISO32000に準拠し、長期保管、エンジニアリング、印刷用など、特定の目的に対応した規格にも適合している。PDFはいまや誰もが利用できる信頼性に優れたファイル形式として文書のデジタル化に欠かせないものだが、まだまだ知られていないことも多い。デジタル変革を目指して業務効率化を考える企業は、あらためてPDFの使い方を見直してみよう。

  • タブレット型のPOSレジを導入することで、従来のPOSで抱えていたコストやデザイン、オペレーションといったさまざまな課題を解決できる。しかし、導入したいと考えつつも、漠然とした不安を抱いている企業は多い。そんな最後の不安を払拭することができるのが、NECのPOS開発経験・ノウハウをiPadアプリに集約することで低価格化を実現したクラウド型の簡単導入POSレジ「NECモバイルPOSソリューション」だ。

  • 近年の製造業では、大規模なリコール発生と市場からの厳しい視線に伴い、リコール対応の改善が必須となり、各生産拠点の製造実績等からトレーサビリティを迅速かつ正確に行える仕組みを構築することが急務となっている。製造トレーサビリティを実現するためには、従来のRDBでは扱うことが難しかった膨大なデータ(過去のデータ、拠点・品目ごとに管理されている個別管理のデータ)かつ、BOMの階層による再帰的なデータを短時間で処理が可能なビッグデー...

  • 「IM-IoTソリューション」は「IM-IoT基盤」と「intra-mart製品」を組み合わせることで、IoTデータのプロセス連携を一つの基盤でシームレスに実現可能となる。本資料では、IM-IoTソリューションの各機能や強みを詳細に解説するほか、センサーとSoE、SoRとの連携、設備保全、品質管理、EMS、機械学習といったユースケースなどについて紹介する。

  • NTTデータイントラマートの「IM-IoTソリューション」は、「IM-IoT基盤」および「intra-mart製品」を活用したIoTソリューションの総称だ。本資料では「IM-IoT基盤」の提供方法やライセンス、IM-IoT基盤を利用する際に必要な条件、IoT技術サポートサービスやコンサルサービスなどについて紹介する。

  • 経費精算システムを導入していても、「毎月の交通費精算が大変…」「外出先から申請・承認したい」「毎月の仕訳処理、振込処理が大変…」など、数多くの課題を抱えている企業が少なくない。こうした課題に応えられるのが、クラウド型経費精算システム「ジョブカン経費精算」だ。本資料では経費精算の申請・承認に関する課題に応える「ジョブカン経費精算」について、サービスイメージ、導入事例、導入効果、他の製品との比較、価格などを紹介する。

  • 社内の申請・承認について、「申請書により承認ルートが違い、わかりづらい」「外出中は承認できない」「申請ミスが多く、修正が大変」「紙の申請書は管理が大変…」など数々の課題を抱えているはずだ。本資料では、こうした申請や承認に関するさまざまな悩みを解決できる「ジョブカンワークフロー」について、サービスイメージ、導入事例、導入効果、他の製品との比較、価格などについて紹介する。

  • チャットでの申請管理の場合、チャットのログが流れてしまい、「承認状況があやふや」になってしまうことが多々ある。また、購入した物が届いた後に「いつ承認したものなのかわからない」などといった事態になることもあり、「経営層としては早めにワークフローを整えておきたかった」という。本資料では、2社のワークフローシステム導入前の課題と導入後の成果について紹介する。

  • 営業職は外勤が多く多忙なため、社内事務処理の効率化により、業務効率が大幅にアップするケースが多い。「見積もりの金額承認がなかなか下りない」「取引先との契約稟議に時間がかかる」「出張中は申請書類を提出できない」といった課題に応えるのが「ワークフローシステム」だ。この資料では、ワークフローシステムの選び方について解説する。

  • 面倒な経費精算だが、月間で従業員1人あたり66分も割かれている。これは現場だけでなく、経理部門にも大きな負荷となっている。こうした間接業務の効率化は、これからの「労働人口減少時代」の競争を勝ち抜く上で必須の取り組みといっていいだろう。本資料では、システム導入に伴う業務効率化、コスト削減効果を具体的に試算。導入事例と合わせて、その結果を明らかにしている。

IT導入支援情報を探す

キーワード


ジャンル


注目のホワイトペーパー

一覧へ

導入事例

技術文書

製品資料

セミナー資料