ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報を探す

開催予定のイベント・セミナー 380件

キーワード

ジャンル

+検索条件を追加  -検索条件を削除

地域

開催日時

日〜

種別



メールで最新情報を取得する

登録ページへ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

新着イベント・セミナー情報

一覧へ

ランキング

イベント・セミナー情報の掲載

イベント・セミナー情報の掲載を無料で申し込めます(会員登録が必要です)。下記ボタンから投稿・申請を行ってください。

イベント・セミナー情報の登録(無料)

より効果的で迅速なイベントの集客、プロモーションをご提案します。詳しくは、下記ボタンからお問い合わせください。

イベント・セミナーの集客/運営のご相談
PR

社内外の膨大なデータから価値ある情報を見つけるために

〜全文検索/キーワード検索の限界にどう対応するのか〜

概要 【散在する膨大なデータ】
企業の情報(技術文書など)は、ファイルサーバー、データベース、社内ポータル、メール、PLMシステム、SCMシステム、ERPシステムなど、様々なシステムに分散されています。それらの情報量(データ量)は増える一方です。
また、社外にも検索する情報はあります。例えば学会、協会、政府機関、Webニュースサイトなどから新しいアイディアを取り込みたい、問題の原因になりそうなヒントを得たい、といったケースもあるでしょう。

残念ながら多くの企業ではこれらの分散された文書に対して、統合的、横断的な検索手段を持っていません。


【全文検索の限界(適切なキーワードが思いつかない)】
このような課題に対する一般的な解決方法としては、「全文検索ツール」の導入を思い浮かべるかもしれません。
全文検索とは、企業内の文書について予め索引(インデックス)を作成しておき、キーワードを指定して該当する「文書」を検索する手法です。

しかしこの方法は一見簡単に実施しているように見えて、非常に多くの労力がかかる作業になっています。

「見つけたい答え=キーワード」が予め明確な場合、その情報が書かれた文書を探し出すために、全文検索はとても有効で、また慣れ親しんだ方法であるため抵抗もないはずです。

しかし、「見つけたい答え=キーワード」が思いつかないことも多いのではないでしょうか。
例えば、
・多くの情報からその傾向を分析し、新製品の企画に役立てる
・過去のレポートから品質特性を導き出し、品質改善に役立てる
・IoT、人工知能、クラウドなどのテクノロジーをどのようにビジネスに活かすかを考える
といった場合、適切なキーワードを考えるだけでも大変です。

また、検索結果には該当する「文書」が表示され、知りたいことに対する「答え」はキーワードに該当した箇所の周辺を自分で読んで確認するという作業が発生します。該当するものが見当たらなければさらに追加でキーワードを考える、という作業も発生します。

今以上にデータが増え続けた場合、その作業に時間かかる時間は今よりももっと多くなるでしょう。


【キーワードを考えるのではなく、知りたいことをそのまま質問する】
キーワードを頑張って考えるのではなく、知りたいことをそのまま質問できたらどうでしょう。
・何に〇〇を活用するのか
・〇〇を活用して何を実現するのか
・なぜ〇〇は発生したのか
・〇〇の利用率はどのくらいか

本セミナーではこれまでの検索の仕方を見直し、業務効率を改善する方法をご紹介し、社内外の膨大なデータから価値ある情報を見つける方法を解説します。


【プログラム】
15:00 〜 15:30 受け付け
15:30 〜 16:00 企業に眠る膨大なデータから価値ある情報を見つけるために、「サーチ」から「リサーチ」への転換
16:00 〜 16:30 IHS GOLDFIREのデモンストレーション
16:30 〜 17:00 ディスカッション(企業に眠る膨大なデータから価値ある情報を見つけるために)
開催日 2017/3/22 (水) 15:30〜17:00Yahoo!カレンダーに予定を追加Googleカレンダーに予定を追加iCalendar(Outlookなど)に予定を追加
エリア 東京都
会場 東京スクエアガーデン12F
主催 IHSグローバル
共催 協力:オープンソース活用研究所
協賛
定員 10名
種別 無料セミナー
ジャンル ビッグデータ

※投稿者以外の方で修正・削除を希望される場合はこちらまでご連絡ください。

ビッグデータのセミナー情報

一覧へ