昨年度の総務省の調査によると、データの収集・蓄積に取り組んでいる企業は 51.5% であるのに対し、ビジネスの付加価値にデータを活用している企業は 13.4% 程度です。(※)
こうした中、データ活用段階へいち早く移行し、企業としての競争力を大きく高めているのが、株式会社ゲオホールディングスです。
同社では、Microsoft Azure 上のデータ基盤として Azure SQL DataWarehouse を採用することで、運用コストと工数の削減だけでなく、評価開始からわずか半年で運用開始に至るなど構築期間の大幅な短縮も実現しました。

本セミナーでは株式会社ゲオホールディングス様の実例や技術的なポイントを実際の担当者が解説いたします。

(※) 平成 28 年度総務省政策白書「企業における IoT の導入」第一部-第三節 より


セミナー概要
名称 全社で活用可能なビッグデータ分析基盤で企業競争力を高めよ
- ゲオホールディングスの挑戦を支えるクラウドのデータ分析基盤
日時 2017年9月28日(木) 17:00 〜 19:00 (16:45 受付開始)
会場 品川シーズンテラスカンファレンス [会場地図
東京港区港南1丁目2番70 品川シーズンテラス3階
受講料 無料(事前登録制)
受講対象 [次のような方に特にお勧めいたします]
■ クラウドを活用して新たなサービス開発に取り組みたいお客様
■ クラウドを活用したサービス開発について実際の事例を知りたいお客様
■ ビジネスの変動に合わせたシステム、ITインフラの対応にお困りのお客様

※競合他社様・個人事業主の方の参加はご遠慮頂いております
主催 日本マイクロソフト株式会社
メディア協力
プログラム
17:00〜17:30 株式会社ゲオホールディングス様 Azure 導入事例のご紹介

株式会社ゲオホールディングス
分析部
吉村 公胤 氏
17:30〜18:10 パートナーソリューションのご紹介

株式会社ブレインパッド
18:10〜19:00 AI時代のクラウド データプラットフォーム Azure SQL Data Warehouse で実現するアジャイルなデータ分析基盤

日本マイクロソフト株式会社
クラウドソリューションアーキテクト
高木 英朗 氏
※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。