高速開発事例セミナー 取り戻せ!自社システム内製化

昨今のビジネス環境変化の激しさが増す中、IT部門が経営に貢献するには、事業部門のニーズを正しく把握し、高品質・スピーディな対応が求められています。
そうした中で、その解決策として注目されているのが超高速開発ツールです。
本セミナーでは、多くのお客様が抱えていらっしゃる「レガシーシステム」「ブラックボックス化」からの脱却を実現し、開発・保守のスピード向上及びコスト削減のための内製比率を高めるための開発ツールを事例と共にご紹介いたします。
ご多忙とは存じますが、是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。


*ご同業の企業様のお申込みは、お断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

名称 高速開発事例セミナー 取り戻せ!自社システム内製化
日時

2017年9月26日(火)13:30〜17:00 (受付開始 13:00)

会場 アルカディア市ヶ谷 5階 穂高
〒102-0073 東京都千代田区九段北4丁目2-25
受講料 無料(事前登録制)
対象 企業の情報システム部門の方
定員 100名
主催 JBCC株式会社
メディア協力
13:30〜13:40

ご挨拶

13:40〜14:40

【Session1】
『XupperUで実現する上流設計品質の向上』
〜 自社システムの仕様を取り戻せ! 〜

JBCC株式会社 SI 事業部 SIイノベーション事業部
Xupper製品企画開発部 部長 戸田代 武 氏


近年、自社システムの仕様が外注先や特定の担当者に依存した「ブラックボックス化」を課題とされている企業が増えています。
本セッションでは、"暗黙知"で進められていた上流設計情報を"形式知"に変化させ、標準化を進めながら設計品質を向上させる手法を、最新の導入事例を交えご紹介いたします。

14:40〜15:00

休憩

15:00〜16:00

【Session2】
GeneXusで実現する高速開発 〜自社システム開発力を取り戻せ!〜

JBCC株式会社 SI 事業部 SIイノベーション事業部
SIイノベーション営業部 佐藤 秀憲 氏


従来の開発手法・保守に限界を感じ、同時に内製化比率を高めたいというニーズが高まっています。
その解決策のひとつとして「高速開発ツール」のご採用を検討される企業が飛躍的に増えています。数ある高速開発ツールの中から、何故GeneXusが選ばれているのか?を弊社独自の開発手法を交えご紹介させていただきます。

16:00〜17:00

【Session3】
〜採用して2年、「GeneXusマジック」で会社が変わった!〜

株式会社テクノアート 代表取締役社長 松脇 秀三郎 氏

経営環境の激変に対応するべく、営業、マーケティング、生産現場などスピードを優先するシステム需要が拡大しています。
特にスマホアプリやデータ活用などは劇的効果が実証されました。採用して2年間のGeneXusマジック体験を公開いたします。
※アジェンダは、予告無く変更の可能性があります。