IoT時代における設計の革新をPTCがご提案します。

3Dプリンター(付加製造技術)、幾何公差、拡張現実(AR)、IoT など、画期的な新技術の登場によって、製品設計の世界は変化しています。
このセミナーでは、設計・開発業務ご担当者様を対象にIoT時代の技術革新を可能とする 3次元CADソフト Creo 4.0 をご紹介いたします。
話題のメガネスーパー ウェアラブル端末b.g.マイクロソフトHoloLensを使った拡張現実(AR)の体験やデモをはじめ、最新機能である、実用段階に入った3Dプリント連携ISOやJISで規格化されつつある幾何公差の定義をサポート、異種CAD環境の解決するUnite Technologyなどを、わかりやすくご説明いたします。
先着50名様までの受付とさせていただきますので、お早めにお申し込みください。
皆様のご参加をお待ちしております。

※競合他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。

セミナー概要
名称 PTC ジャパン主催 セミナー in 東京
IoTのデータを設計に生かす!3次元設計データを拡張現実(AR)で即活用!

〜PTCが提案する、3次元CADデータ活用〜

日時 2017年7月28日(金) 13:30〜16:45 (13:00受付開始)
会場 PTCジャパン 新宿オフィス35F
東京都新宿区西新宿6-8-1  新宿オークタワー
受講料 無料(事前登録制)
定員 50名
対象 ・設計・開発業務のご担当者様
・Creo Parametric をご利用のお客様
・他社3次元CADをご利用中で、Creo 4.0に関心のあるお客様
主催 PTC ジャパン株式会社
メディア協力
プログラム

13:30〜14:00

PTCソリューションのご紹介

PTC の会社紹介と 3 次元 CAD を中心とした、IoT 時代におけるPTC のトータルソリューションが製造業にどのようにお役立ていただけるかをご紹介します。

14:00〜14:45

IoTのデータを設計に生かす!
3次元設計データを拡張現実(AR)で即活用! Creo 4.0 最新情報ご紹介

IoT時代の設計革新を可能とする 3 次元 CAD Creo 4.0についてご案内いたします。ネットとの通信機能を持つスマート製品(スマート・コネクティッド・プロダクツ)の設計・検証や、拡張現実(AR)連携、デジタルデータと現実世界を融合させるデジタルツインを、Creo Product Insightを中心にデモンストレーションを交えてご紹介します。

14:45〜15:25

拡張現実ご体験/休憩

展示コーナーにて 3 次元 CAD データを活用した、拡張現実(メガネスーパー ウェアラブル端末b.g.やマイクロソフト HoloLens)、およびデジタルツインのデモをご体験いただきます。

15:25〜15:55

海外でのユースケースのご紹介

5月に米国ボストンで開催された PTC 年次カンファレンス「LiveWorx」の基調講演で発表された、3 次元 CAD データが IoT/拡張現実(AR)を活用することで得られる、設計・検証、アフターサービス、製造、営業・マーケティングでの新たなユースケースをご紹介します。

15:55〜16:35

CADで解決すべき、新たな課題
3Dプリント、幾何公差の定義、マルチCAD環境

技術革新が期待できる3Dプリンタとの連携する能力、ISOやJISの整備で世界共通の表現になりつつある3D幾何公差の定義を強力に支援する機能、いまなお残る異種CAD間にある課題を解決するPTC Unite Technologyについてご紹介します。

16:35〜16:45

質疑応答
※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

※競合他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。