企業システムへのクラウドの浸透は、近年大きく進んでいます。数年前まで一時的・試験的に利用されていたクラウドが、今では全社が関わる基幹システムに適用されるなど、その用途は急速に拡大しています。クラウドの出現で身近になったIoTやAIなど、最新テクノロジーを活用したビジネスの創出は企業の大きなテーマになりつつあります。ビジネスが大きく転換している中、さらなる成功を勝ち得るためには正しい技術の理解と実装が不可欠です。
本セミナーでは、Azure活用を真剣に検討しているお客様に対し、オンプレミス環境との連携を見据えたAzure設計のポイントや、IoT、AI 導入に向けた基本的な考え方を中心にお話しをします。さらに、弊社へご相談いただくことの多い課題を整理し、新たな価値を生み出すシステム基盤の実現に向け、まず何を考える必要があるのか、何から始めるべきなのか、をこれまでの実績をベースにご紹介いたします。
セミナー概要
名称 150分でマスター!
Azure最新動向、設計の極意からAI/機械学習まで
日時 2017年5月26日(金)14:30 〜 17:15 (受付開始 14:00)
会場 伊藤忠テクノソリューションズ 大阪オフィス セミナールーム [会場地図
大阪府 大阪市北区梅田3-1-3 ノースゲートビルディング(受付は19階です)
対象 Azure活用を検討している情報システム担当者様
※個人の方、主催社・協賛社の競合の方のお申し込みはお断りいたします。
定員 30名
受講料 無料(事前登録制)
主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
協賛 日本マイクロソフト株式会社
メディア協力
プログラム
14:30〜15:10 日本マイクロソフトが語るAzureの最新情報について

日本マイクロソフト株式会社
パートナービジネス推進統括本部 クラウドプラクティス開発推進本部
エグゼクティブプラクティスデベロップメントプロフェッショナル
久保田 朋秀 氏
講演内容:企業ITインフラにおけるクラウド活用が本格化しています。全世界に11万人以上の従業員750以上の事業所を保有するマイクロソフトも例外ではありません。マイクロソフトのITインフラのクラウド化をベストプラクティスとして、Azureをどのように採用し、既存インフラとのハイブリッド構成でいかに効率的にコスト削減と安全性向上を実現しているのかをご案内いたします。
15:10〜15:30 ミニセッション
「ようやく見えてきたAzure Stack という新しい選択肢」


日本マイクロソフト株式会社
パートナーセールス統括本部 インテリジェントクラウドテクノロジー本部
テクノロジーソリューションプロフェッショナル
高添 修 氏
講演内容:マイクロソフトは他社にはない戦略の1つとして、Azure を自社データセンターに持ち込めるAzure Stack の開発を進めています。 本セッションでは、2017年中に登場予定のAzure Stack の全体像をご紹介します。
15:30〜16:10 真剣に考えている方にアドバイス!
Microsoft Azure設計のポイント


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
製品・保守サービス本部
ITインフラ技術推進第1部
クラウドインフラビジネス技術推進課
崔 文輝
講演内容:Microsoft Azureは、既存システムとの連携やセキュリティなど企業利用を前提に開発されたパブリッククラウドです。Azureを活用するためには、既存のオンプレミス環境を考慮した設計が必要になります。IaaSを中心に、Azure導入計画、設計のポイントをご紹介します。
16:20〜17:00 ビジネスでAI/機械学習を活用するために必要なアプローチ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
製品・保守サービス本部
AI技術推進課
藤澤 好民
講演内容:IoT や AIなどのテクノロジーを活用したビジネス創出は急務の課題ですが、実際の活用に至るにはまだ大きな溝があります。AI/機械学習を活用するために、どのようなアプローチが必要になってくるか実体験を元にご紹介させていただきます。
17:00〜17:15 「cloudage works by Microsoft Azure」 のご紹介

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
製品・保守サービス本部
ITインフラ技術推進第1部
クラウドインフラビジネス技術推進課 主任
天津 敬輔
講演内容:長年のSI、監視・運用サービスの実績を活かし、お客様のAzure利用・運用負荷を軽減するCTCのサービス、「cloudage works by Microsoft Azure」をご紹介します。
※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。