十数年前から、日本企業の経理業務は相当非効率であることが指摘され、ほとんど改善されていません。経理業務の非効率性は、日本企業のビジネススピードに悪影響を与えることになります。このような問題のある状況の根源として、日本企業に根強い「紙文化」があります。「紙文化」からの脱出は、「紙を捨てる」ことではなく、「文書を電子保存する」ことから始まるのです。

本セミナーでは、電子帳簿保存法の最新動向および「文書を電子保存する」為の幅広いITトレンドについてわかりやすく解説します。また、第2部では経理業務、証憑管理業務の効率化を支援する会計システム「SuperStream-NX」についてデモンストレーションと導入事例を交えながらご紹介いたします。

※競合他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。
※お申し込み多数の場合は抽選制とさせていただきます。

セミナー概要
名称 電子帳簿保存法改正を活用した業務改善セミナー 【大阪】  3/15東京はこちら
日時 2017年3月14日(火) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)
会場 ハービスPLAZA 6F会議室2号室
大阪市北区梅田2-5-25
06-6343-7350
定員 30名
受講料 無料(事前登録制)
主催 スーパーストリーム株式会社
メディア協力
講演者紹介

有限会社ナレッジネットワーク 代表取締役 / 公認会計士  
中田 清穂 氏

[業務経歴]
青山監査法人にて米国基準での連結財務諸表監査に7年間従事。
旧PWCに転籍後、連結経営システム構築プロジェクト(約10社)に従事。
その他に経理業務改善プロジェクトや物流管理プロジェクトにて、現場業務の現状分析や改善提案に参画。
旧PWC退社後、DIVA社を設立し、取締役副社長に就任。DIVA社退社後、独立。

プログラム

14:00〜15:30

【第一部】<基調講演>
『経理業務の効率(生産性)を向上させるITトレンド解説』


有限会社ナレッジネットワーク 
代表取締役 / 公認会計士
中田 清穂 氏

講演内容:間接業務の生産性向上やコスト削減、ビジネス文書電子化の効果を最大化する為に必要な幅広いITトレンド、知識についてわかりやすく解説します。

■プログラム
・会社法、電子帳簿保存法など関係法令の解説
・電子化のためのハードウェアの種類と最新機能
・電子化における経費精算、承認ワークフロー、財務会計などソフトウェア機能のあり方
・クラウドサービスやオンプレミスの利用形態の違いと優劣比較
・電子化により大きく変わる、在宅勤務者やシェアドサービスの活用と業務形態

15:30〜15:40

休憩
15:40〜16:30 【第二部】
SuperStreamで実現するスキャナ保存制度への対応方法


スーパーストリーム株式会社  
営業技術本部 コンサルティング部 営業支援課 課長
鈴木 由将

講演内容:経理業務、証憑管理業務の効率化を支援する会計システム「SuperStream-NX」についてデモンストレーションと事例を交えながらご紹介いたします。

16:30〜17:00

質疑応答・個別ご相談会
※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

※競合他社のご参加はお断りする場合がございますのでご了承ください。
※お申し込み多数の場合は抽選制とさせていただきます。