ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年07月10日

企業は「平均928個」クラウドを使用、シャドーITだらけの実態が明らかに

自社でどのくらいクラウドアプリケーションを利用しているか問われると、「多くても30〜40個ではないか」と答える人が多いのではないだろうか。しかし、実際の平均はなんと「928」であることが、シマンテックの調査で明らかになった。クラウドサービスの業務利用が拡大するにつれ、従業員が利用するITアセットの管理が困難になり、コンプライアンスもままらない「シャドーIT」の実態が浮き彫りになったと言えるだろう。シマンテックが分析した「2016年後期 シマンテック シャドーデータレポート」の概要を追ってみよう。

執筆:フリーランスライター 中尾真二

photo

多くのCIOは自社のクラウドアプリケーションの数を「30〜40くらい」と想像するが、実際は平均で928にものぼる

(©faithie - Fotolia)


平均的な企業でも900以上のクラウドサービスを利用

 シマンテックが発表した「2016年後期 シマンテック シャドーデータレポート」は、同社が運営する「Symantec CloudSOC」に集められるデータをもとに分析されている。Google Docs、Box、Office 365、Dropboxなど2万以上のクラウドアプリケーション、1億7,600万の文書、13億以上のメールを匿名化した状態で分析したという。作成はシマンテックのCloud Threat Labsが担当した。

■レポート全文のダウンロードはこちらから
※プロファイル情報の入力が必要
 2016年後期 シマンテック シャドーデータレポート

 レポートでは冒頭、企業で利用されているクラウドアプリケーションの数が平均で928にものぼると指摘している。この数は前回(2016年前期)の841より増えている。しかも、多くのCIOが自社のクラウドアプリケーションの利用数を30〜40程度と思っており、現実にはその20倍以上のサービスが利用されていることになる。

 ユーザーから見るとクラウドベンダー1社のサービスでも、背後に複数のクラウドサービスが連携しているため、このような数字の乖離が生まれるのだろう。まさに「シャドーIT」と言われる所以でもある。

企業利用クラウドサービスのトップ5

 レポートでは、企業で利用されているクラウドアプリケーションのトップ5についても分析している。クラウドアプリケーションを「コラボレーション」「業務支援」「コンシューマ向け」の3つに分類し、それぞれ上位5つのアプリケーションを公表している。

コラボレーション
1:Office 365 
2:G Suite(旧称:Google Apps)
3:Dropbox 
4:Evernote 
5:box

業務支援
1:GitHub 
2:Salesforce 
3:Zendesk 
4:ServiceNow 
5:Amazon Web Services

コンシューマ向け
1:Facebook 
2:LinkedIn 
3:YouTube 
4:Twitter 
5:Pinterest

 グローバルでの分析のため、業務クラウドサービスの一部は日本ではなじみのないものかもしれないが、レポートでも警告しているのはFacebookやTwitter、LinkedInなどは業務利用が進んでいるものの、どれもエンタープライズ対応したサービスではない。これらは、企業PRやカスタマーサポートに欠かせないクラウドサービスだが、オープンである特性を理解して、アカウントの管理や利用デバイスの制限などが必要な分野だ。

機密データを3つに分類して共有状況を調べる

 もちろん、クラウドにデータを置いたからといって直ちに危険というわけでもない。また、セキュリティの常として、どのデータが重要で守るべき情報資産なのかは、業種や企業ごとに異なる。このレポートでは、「個人の身元を特定する情報(PII)」「保護医療情報(PHI)」「クレジットカード情報(PCI)」の3つを機密データとして分類し、クラウドで共有されているデータのうち、どれくらいがこれら機密情報に該当するかも調べている。

 まず、調査対象の1億7,300万の文書のうち、クラウドに広範囲で共有されているファイルは25%を占めているという。ここでいう「広範囲の共有」は、企業内全従業員で共有、外部パートナーまで含む共有、あるいは一般にも公開されている状態までを含む(つまりアクセス制御がかかっていない状態)。

photo
(クリックで拡大)

クラウドに保存された1億7,300万の文書のうち、「広範囲で共有」されているファイルは25%を占める

(出典:「2016 年後期 シマンテック シャドーデータレポート」のデータより編集部作成)


【次ページ】危険度の高い異常な活動の3パターンとは

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

一覧へ

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

一覧へ

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング