IT導入支援

会員限定

スプリームシステム株式会社提供コンテンツ

2017年08月31日

デジタル マーケティング マネジメント デイ 2017 スプリームシステム 講演レポート

なぜ、そのOne to Oneマーケティングはうまくいかないのか? 成功に導く2つのポイント

デジタル技術の進歩により、企業のマーケティング部門は、顧客に関するさまざまなデータを取得・分析できるようになった。その結果、顧客一人ひとりの趣向や属性などを基に、顧客に対して個別にアプローチするOne to Oneマーケティングに取り組む企業が増えている。ところが、いざ取り組んでみると、うまくいかないという声も少なくない。それはなぜなのか。データベースマーケティングを手がけるスプリームシステム DBマーケティング事業部 事業部長 福澤勇武氏が、その原因と対策を解説した。

なぜOne to Oneマーケティングが行き詰まるのか?

 現在、企業のマーケティング担当者は、さまざまな課題に直面している。「カスタマージャーニーに合った価値を提供したい」「リードナーチャリングで見込み顧客を育成したい」「顧客LTVを上げたい」といったさまざまな課題を集約すれば、「One to Oneマーケティングで顧客満足度を上げて、売上もアップしたい」と集約できるだろう。

photo

One to One運用のための基本ステップ


photo

スプリームシステム
DBマーケティング事業部
事業部長
福澤 勇武 氏

 現在は、One to Oneマーケティングを支援するツールも充実している。ダイレクトマーケティングが進展している通販事業の中ではキャンペーン管理およびマーケティングオートメーションを採用している企業も多いという。ただし、課題もある。その中でうまくいっていないので再検討したいという声も少なくない。データベースマーケティングを手がけるスプリームシステム DBマーケティング事業部 事業部長 福澤勇武 氏は次のように指摘する。

「One to Oneマーケティングを始めると、顧客ごとにシナリオを作って継続的に改善しなければなりません。ところが、新しいシナリオを追加しようとすると、新たな開発が必要になったり、顧客抽出のためにSQLの専門知識を持つ技術者が必要になったりと、当初想定していなかった追加コストが発生して、活用できなくなるケースが多いのです」(福澤氏)

この続きは会員限定です