IT導入支援

会員限定

レノボ・ジャパン株式会社提供コンテンツ

2017年03月16日

クラウド時代に「オンプレ回帰」の流れも、なぜ今オンプレミス運用を見直すべきなのか

新規サービス立ち上げ等のインフラとして、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloud Platformといったパブリッククラウド(クラウド)を積極活用する企業が増えてきた。しかし、全面的にクラウドに移行している企業はまだまだ少なく、オンプレミス・システムとのハイブリッドクラウドを選択しているため、IT部門は依然としてオンプレミスサーバーの管理に悩まされているのが現状だ。絶対に故障しないと言い切れるサーバーは残念ながら存在しないため、企業は常にサービス停止という最大の敵を戦わなければならない。故障等の障害によるサービス停止を防いで、スムーズなサーバー運用を行うために、企業のITインフラ管理に求められる解決策を解説しよう。

photo

デジタルビジネスで絶対に避けたい「サービス停止」への対応は


クラウドが普及しても必ず残り続ける「オンプレミスサーバー」

 Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloud Platformといったパブリッククラウド(クラウド)の普及によって、新規サービスを立ち上げる際のシステム基盤としてクラウドを検討する企業が増えてきた。

 しかし、いくらITインフラの選択肢が広がろうとも忘れてはならないのが、「オンプレミスサーバー(以下、サーバー)」の存在だ。今後もオンプレミスにサーバーは残り続け、それらを保守・運用しなければならないのだ。

 たしかに、クラウドを選択すればサーバー管理を回避できる。しかし現時点では、企業内のシステムをすべてクラウドに移行できない、という企業もまだまだ多い。

 たとえば金融業界をはじめ、厳格なセキュリティポリシーを運用する業種では、ミッションクリティカルなデータやサービスを、オンプレミスで保持、運用する傾向が強い。

 また、長期にわたるパブリッククラウドの利用コストや、通信に必要な回線費用が当初見込みを大きく上回ったりするなどの理由で、一度クラウド化したものをオンプレミスに戻すという「オンプレ回帰」とも言える動きもみられるようになっている。

 以上のような理由から、企業はすべてをクラウドへ移行することは困難であり、オンプレミスでサーバーの運用をし続ける必要があると言えよう。

 オンプレミスにサーバーが存在し続けるかぎり、新たなシステムの設計・構築、運用の効率化やTCO削減、ライフサイクルを考慮したリプレースなど、IT部門はサーバーの管理から完全に解放されることはないのだ。

この続きは会員限定です

関連コンテンツ


《ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら》
会社名 :レノボ・ジャパン株式会社
E-mail :hojin_jp@lenovo.com
TEL  :0120-68-6200
受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:30
(土、日、祝日、5月1日、12月30日〜1月3日を除く)
http://www.lenovojp.com/business/product/server/

特集ロゴ